〜「子どもが教えてくれたこと」2〜

配給会社ドマより、チラシがどっさり届きました。

たくさんの人に観て欲しい気持ちが抑えられずにいます。

なぜかというと、この映画に出てくる子どもたちがSHJが支援している子どもたちを代表してくれているように思えるから。

小児病棟は入るのが大変だし、まして縁がなければ知ることもない世界。

だから、私たちの活動を通してそんな子どもたちを知ってもらう方法といえばHPやニュースレターでの報告などで、生の様子を知ってもらうことができずにいました。もちろん、目の前の子どもたちのために、毎日淡々と心を込めて活動するのが使命だけど、彼らの頑張りをもっともっと知って欲しい、という気持ちはいつもあります。

この映画を通して、SHJが誰に何のために何をやっているか、が明瞭に伝わる気がしているのです。

監督には心からお礼を言いたいくらい。

チラシ・・まずは500部送ってもらい、週末のスポンサー会社FIATのイベントで配布。

機会をとらえて順次拡散していきます。

チラシ・・もどかしくてFBでもシェアしています。

5/30に投稿した、この映画についてのブログへの思いが、遠くフランスへ届いたのでしょうか。

教員だった頃の職場、そして近く活動を始める国立成育医療研究センターを通して繋がり、映画公式サイトでの団体紹介に至りました。

公式サイトスペシャルコンテンツのページ

5/30投稿ブログ→http://ellie.smilinghpj.org/?p=3857

こちらでも綴っていますが、私自身がSHJを立ち上げた理由が、まさに監督がこの映画を製作した思いと重なることが多いことを知り、心から共感しました。

重なることとは・・

~子どもたちから学んだこと~

・今を精一杯生きることの大切さ

・今この時を充実させることは自分を、人生を愛すること

・日々思い悩みながらも、感性をフル回転することが生きること

もちろん、治療は辛いし不安もいっぱい、お友達はどうしてるだろう、自分のこと忘れちゃったかな、勉強も遅れちゃうし、お母さんを悲しませている・・

そんな気持ちと折り合いをつけながら立派に治療に立ちむかう彼らから、まだまだ学ぶことはたくさんあります。

大人の方が教えてもらなくてはならないと実感した院内学級での日々が、団体の設立に駆り立てました。

監督と違うところがあるとすれば、それは彼女は2人もの子どもを病気で亡くしている、ということ。

私はといえば、自らが命を落としかけながら2人の子どもたちに支えられ生きながらえることができたこと。

これも全く逆のように思えるけど、不思議な接点がありそう。

いつか絶対に訪ねて行きたい人です。

「子どもが教えてくれたこと」公式サイト

〜子どもが教えてくれたこと〜

気持ちを同じくして映画製作をした女性がいることに深い感動を覚えました。

まず映画のタイトルがこのブログ名とそっくりなのに惹かれてついポスターを手に取り、食い入るように端から端まで読んでみました。

病気と闘う子どもたちの生活を通して、「毎日が愛おしい」作者の思いを作品にしています。

フランスの脚本家・映画監督アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンさんが手がけたドキュメンタリー映画は、五人の病気の子どもたちの日常を通し「生きること」とは?をテーマにしています。

自身の娘を病気で亡くした経験があり、発症からの日々を綴った「濡れた砂の上の小さな足跡」(講談社刊)がベストセラーになり、映画化したというもの。

ジュリアンさんに会って話をしてみたい!

教員時代からずっと、闘病する子どもたちの明るさ、優しさ、潔さ、包容力にこころを動かされ、勇気をもらっています。

「今、この時」を精一杯生きることの大切さを教えてくれる彼ら。

「過去を振り返るのではなく、未来を予測するわけでもなく、ただ目の前にある、ありのままの日常、そしてその瞬間を。彼らのおかげで、人生を恐れず、どんな状況であろうと今ある人生を愛せるようになった気がしています。      

監督 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン」

明日何が起こるかわからない。

この考えは決して悲観ではない。

事実。

だから与えられた時間は皆平等。

それぞれの生き方で思いっきり今日を生きよう。

「一日一生」

今を、今日いちにちを精一杯生きることが生きていることに応える唯一のあり方

普段から胸に刻む私の生き方です。

子どもが教えてくれたこと

6月よりシネスイッチ銀座にてロードショー