教えない授業 -1-

教えない授業~美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方~

愛媛県美術館学芸員 鈴木有紀著 英治出版

この本は

美術作品をめぐる対話型鑑賞

という手法を使って

「正解のない問いに向き合う力」

「異なる意見に耳を傾ける姿勢」

を育てるというテーマで書かれています。

美術鑑賞・・・

確かに正解はありません。

感性に訴える活動だからです。

それを授業にしようとすると

指導法が難しいだろうな

と思うし、

生徒にとっては

作品を見て感想を言いましょう

と言われても

・・・・・

まるで正解があるかのような錯覚を

生徒たちに抱かせてしまうのが今の教育かもしれません。

だから

思ったこと何でもいい

と言われても

漠然とした質問に答えが浮かばず

または

正解ではないかもしれない「自分の意見」

を言うことをためらってしまいます。

しかし、

問いかけの仕方を工夫することによって

子どもたちがどんどん手をあげて

発言していく

ということを実例を挙げながら

著者は述べています。

「感想を言いましょう」

では上述の通り子どもは戸惑います。

そこで

「作品を見て気づいたこと、見つけたこと、考えたこと、疑問でも何でもいいので話してみましょう」

という問い方をすると

どんな小さなことでも

気にせず気楽に発言するようになります。

そして

発言に対して

「なぜ?」

と聞くのではなく

「どこを見てそう思ったの?」

と聞くことにより

自分の考えが整理され論理的思考の土台が作れると。

互いの意見を聞き合うことで

新たな気づきや疑問が湧き、

活発な思考と発言のやりとり

学び合いが生まれます。

ここに対話型鑑賞の意味があります。

教えるのではなく

問いを投げかける。

誰がいつ描いた作品で時代背景は・・

といったような知識は

対話の中で必要な時に

活動が弾むようにするためのエッセンス

子どもたちを後押しするための材料

として

教師が伝える

または知っている子が発表する

という授業です。

先生は指導する人

ではなく

ナビゲーターだといいます。

少し前に書いた

「子どもの意見表明権」を

子供達がしっかりと行使するためにも

対話型の授業が

大きな力になりそうです。

→ 9/2 投稿「~子どもの意見表明権~」

美術作品でなくても

色々なシチュエーションの写真や場面を使っも

対話型のダイナミックな活動ができるのではないか。

それが実践ということになるのかもしれないなと

感じています。

さらに、正解のある

算数や英語、理科などに

どう応用していくのかな、

という私なりの問いを投げかけながら

読み進めてみます。

〜アドボカシー制度〜

アドボカシー制度とは

前回綴った「子どもの意見表明権」

を保障するためのもので

その役割をするのがアドボケイト(代弁者)。

秘密厳守の約束をした上で

子どもの意見に徹底的に耳を傾け

何を望んでいるのか

関係機関に伝えるというものです。

そもそもアドボケイトとは

様々な理由によって自身の意思を表明するのが難しい

高齢者や障害者、子どもらが自身の思いを示せるよう支援し

その権利を代わりに主張するというもの。

今回ここで言うアドボカシー制度とは

虐待を受けてSOSを発している子どもが見過ごされないように

弱い立場の子どもの思いや希望をくみ取り、

対応を誤らないためのものです。

子どものアドボケイトは英国やカナダなどで公的な制度として導入されています。

アドボカシー制度に詳しい熊本学園大学の堀正嗣教授によると

「女性や障害者の権利は当事者が声をあげて認められることも多いが、子どもは事実上無権利状態」

「アドボケイトは完全に子どもの側に立って、むしろ子どもの後ろに立って、子どもの声を応援するような立場」

と言います。

参考:東京新聞記事「アドボカシー制度」日本でも動き

前回綴ったように

日本では支配・被支配の関係を親や教師から強いられがちで

「大人が保護し子どもは従う」という文化は根強い。

今年1月に千葉県野田市で起こった小学4年生の女児の虐待死事件は印象に強く残ります。

女児は親から暴力を受けている事実を学校に伝え助けを求めたが

学校も教育委員会も児童相談所も女児の訴えを軽んじ、

彼女は自宅へ戻され殺されてしまったという経緯。

女児は勇気を持って声を上げたのに、

大人の事情にその声はかき消されてしまった。

なんとも理不尽で

同じ大人として女児に謝りたい気持ちになります。

この事件が

アドボカシー制度の導入へと大きく国を動かしました。

三重県など試験的に制度を導入したところもあります。

この動きが活発になり、

大人の論理で物事が動く社会の中で、

大人が弱い子どもの立場を理解し

子どもが意思を表出できるように。

大人が弱者に対し、

知識や地位、親権などを振りかざすことのないように。

今後、子どもの権利が

最大限守られ

子ども自らが行使できるように

変わっていきますように。

自分の意見を尊重されて育った子どもは、

相手の意見を尊重するし

大人になったら子どもの意見を尊重するようになる。

長い目で見て良い循環ができます。

日本では児童虐待相談対応件数が年々増え、

2017年度は13万件を超えたといいます。

アドボカシーの必要性は喫緊!

学校でなくても・・・

早くも新学期が始まった学校もある。

夏休み明けのこの季節、気がかりなことを

9月1日問題として綴ったことがある。

→ 2017/8/31投稿「9月1日問題

2016年に成立した「教育機会確保法」は

子どもたちの休養の必要性を認め、学校外での学習の機会が得られるよう、子どもやその親に必要な情報を提供することを国や地方自治体に求めている(8/23東京新聞社説)。

としている。

この法律について以前綴ったことがあるので参考までに。

→2019/6/14投稿「不登校の子どもを守る!

社説にあるこの法律概要を掘り下げる。

・子どもたちの休養の必要性を認め

    →学校は疲弊するところだから?

・学校外での学習の機会が得られるよう、

    →学校の存在理由が音を立てて↘️?

・子どもやその親に必要な情報を提供すること

  →大人はともかく、子どもにその情報が伝わるような仕組みがある?

*****

まず大人は

学校に行けない子もこんな法律で守られているんだよ。

と子どもに伝えているか。

✔︎心の声に耳を澄まし、見守ろう

✔︎学校以外の居場所を作ろう

✔︎居場所の選択肢を増やそう

✔︎学校が怖かったら「行かなくていいんだよ」と子どもに伝えよう

・・・・・

言うのはなんと簡単なことだろう。

大切なのは

子どもに情報を伝える大人はいるのか、

ということ。

親はなるべくなら学校に行って欲しい

だから余計な情報を子どもに与えたら本当に行かなくなってしまう・・

と危惧するはずだ。

本心では我が子の苦しみに寄り添いたいと思っても

家族やおじいちゃん、おばあちゃんの手前。。

そして世間体・・。

そんな板挟みになるのはいつも母親だ。

「子どもの意見表明権」など眼中にも置かない社会

からどうしたら我が子を守れる?

子どもの意見表明権→子どもは、自分に関係のあることについて自由に自分の意見を表す権利をもっています。その意見は、子どもの発達に応じて、じゅうぶん考慮されなければなりません。(UNICEFホームページ「子どもの権利条約」より)

学校に行かなくて良いよ。

代わりにこんなところもあよ。

と子どもを安心させてあげましょうと

人は言う。

しかし

教育の専門家が叫ぶだけでは何にもならない!

専門家が新聞で呼びかけたって

テレビやSNSで発信したって

届く先は誰?

その声、情報が

本人たちに届くようにすることこそ

抜本的な対策だ。

心ある人たちがフリースクールなど

学校に代わる施設を作って

子どもを守ろうとしているのはわかっている。

しかしその存在と

そこへどうしたら繋がるのかを

子どもたちに知らせ

自分の意見や希望を表明する権利を行使できるような

仕組みを作らなくては

その機能は果たせない。

しかし何より重要なのは

議論以前の問題である。

学校という場所から、

そして学校という制度から

子どもを守らなくてはならないような

社会の仕組みに目を向けメスを入れることだ。