教師にこそ働き方改革を!✏️

子どもにとっては一日のうちで

大半を過ごすのは学校。

教師が子どもと向き合う時間は

何より大事にされなければならない。

教科指導に加え

生徒個人の中で何が起こっているのか

集団の中で問題はないか

そこを注視し対応し

生徒、教員互いの学び合いを通して

信頼関係を深めていくことで

大切な学校での時間は意味あるものとなる。

さらに予期せぬ生徒指導や

保護者からの相談なども重要な部分だ。

しかし

最近特に増えているのが事務仕事。

長時間の残業を余儀なくされ

教員が疲弊し病気休暇をとるケースが続出している。

異常事態!

以前、教員が本来の業務に集中できるように

校務分掌等の事務担当制度があったらいい

と書きました。

→2018/11/26投稿〜学校に教員事務員を!

さらに

小学校では

英語指導、プログラミング指導

道徳教育

・・・・

また、

入学式、卒業式での起立&国歌斉唱を義務付けられたり・・

多岐にわたる業務や思想までも押し付けられる現場。

このような労働環境の低下を憂い

大学生が教職を避ける

強い傾向があるといいます。

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしています。

少子化が理由ではない。

教員の劣悪な労働環境を理由に教員を志望する人自体が激減しているのだ。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけているだけ。

すでに大学の運営交付金は毎年減り続けているし

教育学部のある大学では定員が減らされているという。

すべて少子化を理由にするなんて詭弁だ。

数の問題ではなく質の問題と考えれば

全くのお門違い。

日本の子どもの学力低下を憂う政府。

これはとりもなおさず、教育現場を担う教員が

本来的でない仕事に忙殺され疲弊しているからだ。

教師は楽しい仕事、やりがいのある素晴らしい仕事

でなければこれからの教育を担っていく人材も育たない。

国防費にかける膨大な予算を教育予算に回してほしい。

大学の教師養成へ、

残業代などの人件費等

教育現場への予算を増やすことの方が

国力を上げることになるのは自明のことだ。

そして

教師にこそ、働き方改革を!

・教師の数を増やして一人ひとりに目配りする余裕を

・クラス定員を20人に

・校務分掌事務員制度を導入し子どもとの時間を増やす

・教職員給与特別措置法による一律4%の調整額をやめ、残業代を払う

まだまだありそう。

教育とは、人間対人間のナマの営み。

決められたノルマを

決められた時間内に済ませる仕事ではない。

そこにこそ、時間をかける意味があり

教師としての最大のミッション

醍醐味がある。

事務作業に追われて

子どもと向き合う時間がない現状を

どうか変えていってほしい。

子どものために。

教師のために。

日本の未来のために。

 「いじめの定義」

各紙面は、ここのところほぼ毎日のように、いじめについて伝えています。

なぜいじめは無くならないのだろう・・。

そもそも「いじめ」とは、

「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校に在籍してい る等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な 影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む。)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの」

ーいじめ防止対策推進法の施行による平成25年度からの定義ー

               文部科学省ホームページより

3/16の新聞では、24%にあたる全国の公立小中高が法律の定義より狭く解釈していたことがわかった(総務省行政評価局調べ)と報じています。

「継続性」

「集団性」

「陰湿」

という法にない要素を加えることにより解釈を狭めています。

その理由は、

「すぐに解消した事例を含めると相当な数になる」

???

いじめの始まりを、

一過性の嫌がらせ、としてまともに取り合わない実態に、悔しさが込み上げます。

  集団性が認められなければいじめでない?

  継続性がなくてはいじめでない?

いじめの構造へ少しでも想像力を働かせれば、集団に発展する前は個別的なものであることは自明のことです。

自分の経験に照らし合わせると、やはり仲良しグループの中でのいじめが集団いじめに発展しました。

個別の密室的陰湿さが兆候であり、それを見逃さないのが現場の役目ではないでしょうか。

しかし現場を単純に避難するわけにはいかないのも事実。

生徒の実態を慮る想像力の問題ではなく、余裕がない。

教員が上からの大量の事務仕事をさせられるという「いじめ」を受けていれば、当然時間的、心理的余裕がなく、生徒に向き合う時間が十分に確保できない。

小学校教諭の33.5%、中学校教諭の57.7%が、過労死ラインに相当する週60時間以上の勤務をしていたという2016年の文部科学省による「教員勤務実態調査」の結果を見れば明らかです。

生徒一人ひとりに向き合い寄り添う教師の最も本来的な業務に集中できるような体制作りが先決でしょう。

例えば、

○1クラス25人以下・・教師が生徒一人一人に寄り添えるように

○副担任はクラスに1人・・教師が孤立し問題を一人で抱え込まないように

○教員個々の事務を担当する立場から生徒を支える教職事務制度・・教師が本業に力を注げるように

○部活は外部コーチの採用・・教師の過労を防ぐために

教師が心身ともに余裕を得て、いつも君たちを見ているよという包容力を示せば生徒たちも安心します。

眉間にシワではなく目尻にシワの、明るい笑顔の先生。

いいなあ。

困ったことを互いに相談できるような信頼関係を築き、いじめを早期発見し、適切な対処を一緒に考える、双方へ正面から心に寄り添う学校。

一人一人が違っていいんだ、違いから学び合おうという雰囲気作りができるような愛のある学校。

そんな現場を思い浮かべながら考えてみました。

国は「予算が・・」なんて言わないで! 

国づくりの根幹は教育ではないですか?