パステルアートで個性が光る!

佐山雅美さんの

「指で描くパステルアート」@国立成育医療研究センター

にアシストしました。

思っていた以上のたくさんの子どもたちが集まってくれて、

楽しみにしていてくれたみんなの気持ちが伝わってきました。

途切れず続々とやってくる子どもたちをみて、

7年間もこの活動をやっていて

いまだに一人ひとり対応できるかな、

と焦ってしまう私ですが、

さすがアーティスト、個々に丁寧に接してあったかい。

十分に準備した材料をささっと配る、

作り方の説明をする、

そして作り始めた子どもたちを回りながら

素敵なコメントを一人ずつプレゼント。

アーティストは子どもたちから発想の豊かさに気付かされ、

私はといえば子どもたちはもちろん、

アーティストに教えられる。

アシストするたび、お決まりの風景です。

「リハビリと重なるから活動は明日にできない?」

と保育士さんに相談した男の子。

リハビリの時間をずらしてもらって参加することができました。

院内学級が終わるのが~時だから、

と開始時間を工夫してくれる病棟スタッフ。

子どもの笑顔のためなら

保育士さんも医療者も

可能な限りスケジュールをアレンジしてくれるのです。

今回のパステルアート。              

佐山さんが基本の「木」をカードにスタンプしたものが

一人ずつ配られ、その段階ではみんな同じ「木」。

「この~木なんの木、不思議な木~」

とどこからともなく少年の鼻歌。

作業が進むほどに、

1つとして同じものはない、

一人一人個性のあるものになっていくのを見て、

みんな違った世界を持っていることにあらためて感動します。

それぞれ没頭しながらも周りの仲間とのおしゃべりが

楽しくて仕方ないといった感じ。

自分の作品についてのテーマや思い入れを

聞いて、聞いて、

という風に話してくれる素直さが

胸をキュンとさせます。

2つの病棟で参加者43名。作品一枚一枚の記録は追いつかず。


パステルアートという

なかなか体験できないことに

入院中に夢中になって取り組めたこと、

きっと入院生活を頑張った証にもなる

と思います。

お母さんたちもワイワイ参加。

制作活動を通して賑やかなコミュニケーションができ、

アートの可能性の大きさを感じました。

🎨 🎨 🎨 🎨 🎨 🎨

活動が増えるにつれ、

アシストすることが多くなり

嬉しい反面、もっとたくさんの人に

学びや感動あふれるこの活動に参加してほしい

と心から思います。

アーティストと合わせて

活動アシスタント

募集中です。

連絡先:info@smilinghpj.org

佐山雅美ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website