〜アーティストコメント紹介!〜

活動のたびに報告書をアーティストとアシスタントに書いてもらい、記録、振り返り、次への動機づけとしています。

徳島はっちーさんの報告書から一部抜粋します。アーティスト自身が自分の活動を通してどんな成果があり何を学んだかを、心を込めて綴ってくださり、SHJの意義を改めて感じることのできるコメントです。

ショーの前の念入りな準備。病棟では学習室がSHJの控え室に早変わり!

プレイルームでのショーの時間。初めは目を合わせてくれなかった子、泣きそうだった子、怖いと言っていた子たちが、パフォーマンスを始めると自分から手を伸ばして近付いてくれたり話しかけてくれるようになったりするのは、いつものことながら嬉しいです。

病室では、これから処置室に入るという目に涙を浮かべた男の子のご家族から「風船で剣を」とのご要望がありプレゼント。男の子は涙目ながら好きな色は「青」と答えてくれました。作りながら話しかけ、風船でいたずらし、コミュニケーションを図りつつ風船の剣を作り上げると男の子の顔に笑顔が。ショーの時と同様にささやかでもこういう気持ちの変化を引き出せると、とても嬉しいです。

病室では他に人見知りの女の子や人懐っこい女の子とも出逢いました。人見知りの子はずっと壁のほうに体を向けたままチラチラこちらを横目に見るばかりで最後まで体は向けてくれませんでしたが、ピンクが好きとのことでピンクのお花やハートの風船をプレゼントし、しつこく話しかけ続けると(笑)少~しだけ表情がゆるみました。その地味な変化の嬉しいこと(笑)。

一方の人懐っこい子は初めから笑顔で、僕のことを「可愛い」と言ってくれたりとウェルカム態勢でしたが、コミュニケーションを取っていると更に打ち解けた姿を見せてくれました。

そして、僕たちのようなパフォーマーもそれは同じで、パフォーマンスでの変化は一時のことかも知れませんけども、その明るい変化が新しいことに繋がったり、積み重なって心の持ち方が明るくなったり、長い目で見て子どもたちの良い何かを引き出す一助に…なれば良いなと。

でも、そういう難しいことを抜きに、ただ子どもたちと芸を介して遊ぶということが凄く楽しくて、それで充分かと思ったりもするんですけど(笑)。とにかく病棟で子どもたちと遊ぶことが毎回楽しいんです。

気が付くとスマイリング・ホスピタルの帰りは、いつも清々しい気持ちになっていて逆に子どもたちからエネルギーを貰っています。

今回は普段とは少し違う表現を自分の中から引き出すことに繋がったので、面白く、嬉しかったです。子どもたちのお蔭でまた自分の可能性が広がった気がします!

素敵な機会を与えて下さる病院関係者の皆さん、子どもたち、親御さん方、アシスタントの方々に毎度ながら感謝です。

アーテイストが喜びを感じながら活動してくれることへの感謝と共感し合える感動・・それを揺るぎないものにしてくれるのが子どもたちの笑顔。SHJを創った喜びに心が震えます。

ところで・・涙を浮かべていた男の子は、青い剣をしっかり握って処置室へ。涙も乾いていたようです。

Smiling Hospital Japan Official Website