〜友達100人できるかな?〜

🎶 1年生になったら

  1年生になったら

  ともだち100人できるかな 🎶

いやいや、幼い子にプレッシャーかけるなあ。

作者の意図は何も「友達100人目指そう!」

というわけではないのでしょう。

まして、100という概念がまだできていない(?)この時期だから、単なる比喩であるところが救い。

しかし、100という数は、この時期の子にとってとてつもない数である事はイメージできるかもしれません。それを狙って、

「仲良したくさんできたらいいな!」

と励ましているのかもしれません。

さらに、

🎶 100人で食べたいな 富士山の上でおにぎりを 🎶

「できるだけたくさんの人数」の次は、「日本一高い富士山」を持ってきたから、作者の新1年生への期待はかなり大きい。

孫は4月から新1年生。

保育園のお友達は揃って別の学校。

”お友達が1人もいない学校なんか行かない!”

と秋から宣言し続けて入学式を迎えた彼。

さすが、教室に一人で入ることを拒否。

他の子はきちんと座って彼が落ち着くのを待っている、という感じ。

”おお! 初心を貫く自我のあるしっかりした子だ”

と、おおらかに構えたいところ。

自分の時も含めて、大人の言われるまま、連れて行かれるまま、ぼんやりしているうちに環境が変わって・・。というのが6歳ではないかな。

でもうちの孫に限って違う。

”なぜ楽しかった保育園にさよならをして、知らない人ばかりの新しい場所に移らないといけないのか!?”

というのが数ヶ月続いた彼の悩みでした。

しかし、そんな悩みも一瞬でふっ飛んだのです。

・・案ずるより生むが易し・・

いったん教室に入ると、何事もなかったかのように友達もその日のうちに作ったようで。

実体験を積んで失敗を恐れない子になってほしい。

大人の方は、いらぬ心配をすることはない、子どもの可能性を信じなさい、

と教えられました。

それにしても、4/5の入学式以来、何度も歌っているだろう「ともだち100人」。

新1年生が学校で必ず歌うこのスタンダードナンバー。

「一ねんせいになったら」作曲は山本直純氏、作詞はまどみちお氏。

名曲は歌い継がれます。しかし、

”そんなにたくさん無理に作らなくていいからね”

というのがばあばからのメッセージ。

みんなと仲良くできる子はいい子(?)。

自我の強い孫には無理。

私も一人遊びが好きだったから100人もいたら右往左往しているうちに風に飛ばされていただろう。

ごく限られた超アウトドア仲間が秘密基地に集ってみたり、ある時は一人自分の世界を楽しんでみたり。

そんな「わたしらしさ」を貫いていた。そして自然体で楽しかった。

孫よ、友達100人はともかく、周りの人に優しい子になってね。

 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶