〜在宅 ジャズセッション!〜

ー「学びサポート」通信 ー

昨年開始した「学びサポート」。

在宅で訪問看護、訪問医療を受ける医療的ケアが常時必要な方に、

数学、プログラミング、視線入力スイッチ操作、手と目の協応、音楽、美術などの学習を届けています。

シンガーソングライターの石橋和子さんによる先日土曜日のワークは、

もちろんクリスマスシーズンにちなんだ音楽を。

“White Christmas”

“Have Yourself a Little Marry Christmas”

しっとりとクリスマスを楽しんだ後は、

Ipadのスイッチコントロールとレシピ機能を使って、

ブルースセッションをしました。

和子さんのピアノ&Hさんのドラム。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁

とあるノリの良いブルース。

鍵盤を指で滑らせる弾きかたを「グリッサンド」というそうですが、

わずかに動く右人差し指を使ったスイッチ操作により、

HさんがE7コードのグリッサンドを、

これが絶妙でした。

お母さん、スタッフはそれぞれシェーカーを持って全員でノリノリ。

ふと、Hさん。

「ちょっと待って。ベッドが揺れてる・・」

え?

「あ、ごめんなさい!」

そのわけは、

ベッドすぐ傍に座っていた私がHさんのグリッサンドに酔いしれ、

乗りすぎて、

エッグシェーカーを体ごと鳴らしていたから、

その揺れが伝わったのです。

Shaking Bed !

いえいえ、この曲、

“Shaking Ground”

という曲。

本当に揺らしちゃって・・。

とバツの悪い私を、

「曲名通りで・・」

かばってくれるHさんでした。

さて、クライマックスは、石橋和子さんのオリジナル

”もっきんぽっとブルース”。

ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、

ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、

というテンポ良いリズムに合わせ、

会場一体化の

Call & Response!

病棟で盛り上がる活動の一つでもあります。

7/12投稿「看護師さんも踊る踊る!病棟ライブハウス!」でその様子を書きました。

こちらではお宅のリビングが会場ということもあり、

周りを気にせず最初から盛り上がる、盛り上がる。

  イェーエエイ!

                  イェーエエイ!

  シュビドゥバ!

                  シュビドゥバ!

  シャバドゥバ!

                  シャバドゥバ!

  ドゥビドゥバ!

                  ドゥビドゥバ!

  シャバドゥバシャバドゥバ

             シャバドゥバシャバドゥバ

Hさんは呼吸器をつけながらでも、

徐々に複雑になったり速くなったりするcall に

リズムにピタリと合わせてresponse。

「楽しかった!!」

セッションとcall & responseを、

心から楽しんでくれたその一言が、何より嬉しかった

Hさんからのクリスマスプレゼントでした。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁

Hさんの希望はドラムを叩くこと。

次回は右手の人差し指と、左足指を使ってのドラマーに挑戦です。

Ipadのスイッチコントロールを足指に取り付ける準備に、

早くも余念のないSHJ学習支援ボランティアです。

Smiling Hospital Japan Official Website