投票前のつぶやき・・・

熱い選挙戦が繰り広げられています。

様々な立場で困難を抱えている人ひとりひとりが孤立しない

ひとりひとりが幸せや喜びを追い求められるような

格差や分断のない共生社会になることを

願ってやみません。

最低賃金を1500円に!

という政策を掲げる政党もいます。

とてもいいなあと思います。

しかし現在の最低賃金に

地域差があることや

小さな事業所にとってはいきなりどうなんだろう・・

と思ったりします。

そもそも何らかの理由で仕事に就けない人もいる。

障がいや難病があったり、

家族の介護や障がいのある子どもを持つ母親など・・。

健康な人と同じように労働できる人ばかりではない。

基本的人権にあるように

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

のです。

就業自体が困難な人たちが

まず外に出て

または

在宅で

社会と関われる土壌づくりが必要と考えます。

* * * * *

ベーシックインカムという考え方があります。

広がりつつあるけれど

政策として掲げる政党がない

ということは

財源を確保することがいかに難しいことなのか

ということも想像がつきます。

だけど夢は膨らみます。

仮に無条件で全国民に

生活基礎費用として7~10万円支給されたら

自分の生活スタイルに合わせて足りない分を稼ぎ

あとの時間は

自己実現のための時間

社会を良くしようという活動のための時間

そして考える時間

など、

人間的で幸せで文化的な生活を送ることができるかもしれない。

就業が困難な人にはセーフティネット

のような役割となる。

給付条件なしだから

社会保障制度のシンプル化&経費削減

にもなるだろう。

せっかく生まれてきた人生

生きる(生活費を得る)ためだけに働くのではなく

働く(自己実現&社会貢献の)ために生きる

へ方向転換できるのではないかな、と思います。

もちろん

人それぞれ「働く」

ということの価値観は違うでしょう。

しかし

少なくとも生活に余裕ができれば

大人にも子どもにも笑顔が増える。

幸福感の底上げが図れて

結果的に

文化水準も上がって豊かな社会になるんじゃないかな・・

などと

梅雨空の雲の隙間から覗く日差しを見上げながら

ぼんやり物思いにふけっています。

勉強不足&ピント外れ・・・ご容赦ください・・。