活動報告書を読んで💌

病棟ではダンスの活動もあります。

入院しているのに?

むしろ

体調に合わせて身体を動かしてリフレッシュするのは

入院生活の中で気分転換以上の

とてもダイナミックな変化をもたらす

ワクワクするひとときになります。

登録アーティストの中で数少ないダンスのプロ、

愛知地区のマナマナさんこと

ダンサー・振付家・舞踏講師、沼田真由みさんの活動報告書のコメントが素敵だったので

紹介したくなりました。

参加者は5~17歳という幅広い年齢層。
コミュニケーションモードにも幅があり、 

スタンスを何処に合わせるか、が難しいのでは?

と感じながらのスタートだったそうです。

様子を見ていると 

どうやら病棟の子ども達に役割分担が確立しており、

年長者が年少者の面倒をみる、

という構図を垣間見ることができたといいます。

それは、とりもなおさず

子ども達の個性を把握し

自然と役割が決まっていくような雰囲気づくり、

そしてそんな子どもたちの様子を見守る

日頃の病棟保育士さんの

寄り添いがあってこそなのでしょう。

病棟保育士さんの存在の意義を強く感じます。

→2017/12/21 投稿「病棟保育士は大きな力

またアシスタントのコメントには

5歳の男の子を他の子どもたちが盛り立て、

優しいまなざしで見守る姿がとても印象的だったとありました。

保育士さんによると、

「彼がこんなに気持ちを開放し楽しんでいる姿は初めて」だとか。

この病棟の子ども同士の関係性もさることながら、

保育士さんの子どもたちへの深い愛情、

最大限個別に寄り添い個性を引き出すマナマナさんの技、

そしてもちろん、音楽やダンスの持つ力など、

様々な要素が混ざり合って作られた空間です。

今回もそんな現場に思いを馳せ

大きな喜びを感じています。

そのたびに各地区、

離れていながらも活動の報告を受け

臨場感に浸るたびに

SHJの活動が順調に進められていることに感謝し

深い感動を覚えます。

沼田真由みさんプロフィール

Smiling Hospital Japan Official Website