賑やかプレイルームの傍ら そっと咲く小さな花🌷

プレイルームになかなか入らない子がいます。

入り口廊下の椅子に 

ちょこん

と腰掛けて

点滴台につかまり

窓越しに

歌やお話を見ています。

お母さんも一緒です。

今日の活動は

西村直人さんとcooさんの

えほんうた・あそびうたライブ。

絵本と歌、遊びと歌、即興ソングを組み合わせたパフォーマンス

一緒に歌ったり、

バードコール、レインスティック、ウィンドチャイムなどの

打楽器類を配って共に演奏したり。

クイズ絵本「うしろにいるのだあれ」は

歌に乗せつつページをめくる、対話で作るお話。

紙芝居「ハロウィンのうた」は

リズム感あるストーリーに乗せてtrick or treatを合唱。

クライマックスは

「ねこのピート だいすきなよっつのボタン」

のお話をDJラッパー風”コール&レスポンス”で!

どんな時も前向きなねこのメッセージはとびきり明るい!

全員参加(もちろんお母さんも保育士さんも)の

ラップ掛け合いは面白すぎて

涙を吹き出す人(主に大人)続出。

プレイルームは笑いの渦でした。

ラップの掛け声「イエイ!」

の時の手首と指の角度を

高校生が教えてくれたりという一コマも。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

さて冒頭の女の子。

はしゃぎ盛り上がるみんなの様子を

少し距離をおきながらだけど、

食い入るように見ていました。

面白さが廊下の外にまで伝わるころ、

にこにこ笑顔を浮かべ始めました。

少しずつリラックスしてきたのでしょう。

そんな柔らかい表情に促され

声掛けしてみようかな…

と一瞬そばへ足が向きました。

しかし、

待てよ

そばにいる保育士さんは

特に気にかけていない様子・・。

まず保育士さんに聞いてみます。

「あの場所が落ち着くんでしょうか」

「そうなんです。でもじわりじわりと入り口に近づいているんですよ。10cmくらいずつ・・。さっきはもっと奥のほうにいたんです」

なるほど、

保育士さんは

この子の

気持ちの変化に

寄り添いながら見守っているところでした。

楽しみ方はそれぞれ。

たくさんの病棟で活動していますが

廊下から・・、入り口の近くで・・

集団に入らず

一人で見る、というのを選ぶ子どもをよく見かけます。

その子の選んだ場所

その子の心地よいやり方で活動に参加します。

そのうちプレイルームの並んだ椅子に腰掛けて参加する姿もよく見かけ、嬉しくなるものです。

今日のこの子は奥の方から少しずつ移動しながら

最後は入り口まで来てくれました。

最初からプレイルームにいてずっと見ている参加の仕方あり、

積極的にクイズに答えたり楽器を奏でたりする参加の仕方あり。

しかし、

この女の子は

参加する場所の段階から自分で決めて

自分から少しずつみんなのそばへ。

これ、とっても主体的な方法で自分だけの世界を広げているってこと。

この女の子の存在が

SHJの活動に、

じわりじわりと

・・参加してみようかな・・、

と身も心も惹きつける力があること、

気持ちの変化をもたらすことを

改めて教えてくれました。

賑やかなプレイルームの傍らに咲く

小さな花を見つけて

そっと笑い合った瞬間は

大切な宝物。

Smiling Hospital Japan Official Website