アーティストのちから~懇親会編~

会場にピアノをそっと置きました。

研修会で講義に集中したあとは、毎年フリードリンク付きのブッフェスタイルでの懇親会で解放感を味わいます。

酔いが進むほど、さすがアーティストたち。

こっそり⁉ 懐に隠し持ってきた楽器をいつのまにか取り出し、あちこちでミニパーフォマンスが発生。

そんな今までの傾向⁉ を思い浮かべると、そこにピアノがあったらなら・・。

ピアニストにもエンターテイメントを披露してもらえるんじゃないかという思惑がありました。

これが大当たりの演出で、我ながらビール片手にしめた!と心の中でニッコリ。

こっちで大道芸、あっちでダンス・・BGMはもちろんアーティストによるピアノ演奏。

そしてピアノを囲んで始まったライブはアーティストが入れ替わり立ち代わりで、ボサノバ、ジャズ、ラテンと続き、そのリズムがカーニバルのように発展。

会場が一つになりました。

研修会では講習と各地区紹介、地区ごとのミーティングと、日ごろの活動をいかにさらに充実させるかということに全体が一つにまとまり真剣そのものでした。

そのあとも、やはり一つにまとまってアートを分かち合い楽しむ。

これぞSHJのスタッフ集会のかたちです。

年に一度の研修会を機会に、初めて出会うアーティストもいます。一人がピアノを弾くと別の人がさっとマイクを握ってボーカルを。

バルーンアーティストから私に青いバラをプレゼントされた次の瞬間、2人のピアニストとフルートプレイヤーが”Rose”を演奏すると、ジャズボーカリストが熱唱。

さすがプロの技です。初対面、しかも打ち合わせなしで完璧なセッションができる。

本番(=病棟や施設での普段の活動)でも同じ。

その場の状況を読んで、たくさんの引き出しからぴったりのアートを取り出して子どもたちと楽しむアーティストたち。

頼もしさ、そして尊敬の気持ちを新たにしました。

私は残念ながらアーティストではないけど、彼らといると大好きなアートの世界に浸れて幸せひとしおです。

この場を借りて、アーティストの皆さん、ありがとう!

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJテーマソング ”かけがえのない君へ”

念願だったスマイリングホスピタルジャパンのテーマソングが完成しました。

昨年冬に舞台音響、楽曲制作、シンガーソングライターであるSHJアーティストの安藤崇さんに相談したところ、二つ返事で引き受けてくれました。

作詞作曲の安藤崇さん、製作への思いなど語ってくれました。

幾つかのキーワードを提示し、曲はテンポが速めでノリの良い、明るい雰囲気で、とわがまま放題のリクエストに、

「わかりました!作ります」

SHJホームページ、FBそして代表ブログを熟読!し、理念と趣旨を詩にしてくれました。

♫君と出会えて僕は嬉しい

大切なことは

君たちが教えてくれるから

君が笑顔でいられるように僕らは歌おう

たくさんの笑顔が広がるように願いを込めて♫

テーマソングでありながら、病棟で子どもたちと、そしてスタッフの研修会で・・いろんなシーンで歌いたい。

すでにそらで歌えるようになったほど、声を出してなんども歌いました。

外にいても心の中でいつの間にか歌っている・・

先日の研修&交流会ではタイミングよくお披露目ができ、夢のようでした。

アーティストもアシスタントも、事務局ボランテイアも、歌詞カードを見ながら楽しそうに歌ってくれた時にはさらに涙が!

ダンサーが即、振りつけを考えてくれ、さすがのアーティストはみんなすぐに覚えて全員で踊り、それはそれは盛り上がりました。

これからyoutubeで紹介する予定です!

乞うご期待!!

Smiling Hopsital Japan fficial Website

〜スマイリング のビッグないちにち・全国研修交流会!〜

愛と包容力に満ち溢れた空間、

スマイリングホスピタルジャパン全国研修交流会&懇親会。

SHJアーティストのアナウンサー近藤麻智子さんによるMCにより、終始双方向の活発な雰囲気となりました。

個性豊かなアーティストたちが一堂に会して活発に意見交換する、そして互いの技の素晴らしさを堪能し敬い合う空間はまるでユートピア。

アーティスト、事務局スタッフには障がいを持っている人もいない人も、自ら難病を克服した人、自身の子どもに障がいがある人、さらに子どもを病気で亡くした人もいます。

みんなそれぞれ違うバックグラウンドがあるのは当然のこととして、

共通の思いを惜しみなく出し合ってひとつになる、それは他でもない、難病や障がいと闘う子どもたちと家族を思うゆえ。

なんてあったかいんだろう。

そして誰もがハッピー。

講習は肉厚ジューシーな内容。

モンテッソーリ教育の専門家による講義は、スマイリングとモンテの「本物」と「主体性」を柱とした理念と得られる幸福感の共通点を。

大道芸人たっきゅうさんは、「笑い」がいかに治癒力を助けるかを爆笑を誘うパーフォマンスを交えて熱く伝えていました。

アーティストたちの真剣な様子は普段の陽気さの中にぐっと厚みが加わって頼もしい。

そしてスケジュールとして告知しなかったアーティスト作のスマイリングホスピタルジャパン テーマソング

“かけがえのない君へ”

発表の瞬間は、涙と感動のビッグサプライズ!歌詞カードを配って会場全員で歌いました。最高!!

さらに懇親会ではバルーンのバラをプレゼントいただき、こちらも大きなサプライズでした。アーティスト演奏&歌による”Rose”にのせて・・。

スマイリングとその仲間たちに、これからますます成長する力とのびしろ、そしてたっぷりの愛と包容力を感じた一日でした。

講義、懇親会、そしてテーマソングについて、改めて詳しく書くつもりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ニュースレターVol.16〜

2014年2月に創刊したニュースレター。

4号から季刊になり、早くも今月号が16号目となりました。

何から何まで手作業だった1号発行の涙ぐましい光景については、3/14投稿の、

~ニュースレター発送作業班集合!~に書いています。

16号を掲載します。A4サイズ裏表だけだった1号。2号は4ページに、3号から8ページへと成長しました。回を重ねるごとにさらに読み応えあるものにしていきます。

明日は年に一回全国からSHJメンバーが集まる研修・交流会。

研修会で学んだ後は、地区ごとの活動報告。

そして夜の懇親会はどんなアーティストパーフォーマンスが飛び出すか!

ワクワクドキドキ。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ニュースレター発送作業班集合!〜

今日は3ヶ月に1度発行しているスマイリングホスピタルジャパン ニュースレター発送作業の日でした。

3月、6月、9月、12月中旬に発行。

それぞれ前の月の初めに内容を決めます。

3ヶ月の活動報告、団体現況に加え、アーティスト、事務局、病院など関わる人たちにコメントを依頼して、写真とともに掲載しています。決算後の12月号では収支報告も。

連載の「漫画でスマイリング!」は5回目を迎え、SHJアーティストの三輪ゆうこさんが活動に参加してからのエピソードをほんわかとしたイラストで伝えています。レターに、思わず笑顔になるような変化をもたせてくれています。

今号は訪問の度に同行するアシスタントへの感謝の気持ちを描いています。

アシスタントは活動をよりスムーズに、より安全に行うためになくてはならない存在、まさに縁の下の力もちです。

子どもたちに正面から寄り添って、その時間精一杯盛り上げるのがアーティストとすれば、アシスタントはそっと傍で楽しむ子どもたちを支えることがミッション。時にはお母さんたちとの交流や保育士さんとのやりとりの中で潤滑油の役割も。

さて、号を重ねるごとに、内容も充実してきたニュースレターは今回で16号となりました。

創刊号から発送作業を担当してくれているボランティアの二人は娘の小中学校時代のママ友。

毎回、よくここまで広がったね~、頑張ったね~とねぎらってくれます。

第1号はA4サイズ両面で内容が収まるほどの活動数。

事務所のプリンターで片面ずつ印刷し、三つ折りにして郵送した数、数十枚。

それが今では600部を超えるようになりました。

印刷を業者に注文し、配達されるダンボール箱を毎回ワクワクドキドキしながら開けています。

こだわりのスタンプ。アーティストに誘われて参加した子ども向け音楽会の受付で売っていた手作り消しゴムスタンプ。「封をしてポン!」の代表のこだわりにボランティアさんはやれやれと付き合ってくれています。

サポート会員や寄付を含め、支援してくださる方、病院等訪問先に送っていますが、期待に沿った活動報告ができているかな、内容がマンネリになっていないかな、楽しく読んでいただけてるかな、と毎回振り返ってみては次はもっと面白く・・と考えるのもまた楽しい習慣です。

今回は代表ブログから記事を載せました。ちゃっかり宣伝も兼ねて。時々、気に入ったものを載せていこうかなと考えています。

三輪ゆうこ「アトリエ蓮根庵」

Smiling Hospital Japan Official Website