小児病棟の壁を明るくポップに!貼るワークショップ

たくさんの方からの共感と支援のもと

達成したクラウドファンディングにより

子どもたちと取り組むウォールアート。

今日はいよいよ壁に貼るワークです。

色を選んで塗る楽しみ

自分だけのデザインを施す喜び

イニシャルをちょこっと入れて・・

ステッカーに加工されるのを待つワクワク

そしていよいよ

自分のアートを

病棟の白い壁に貼るドキドキ!

まずはステッカーに仕上がったものを搬入した時の現場の

うわ~っ、素敵!

という歓声が嬉しかったスタッフ。

このアートは日頃の活動で病棟を盛り上げている

SHJ登録アーティスト

only-toomariこと

mari manabeさんの塗り絵をモチーフにしています。

今日は待ちに待った

みんなで貼るワーク。

真鍋さんのセンスと指示のもと、

子どもたち、

SHJ理事2名、アシスタントボランティア1名、

そして病棟保育士さんやお医者さんも一緒に賑やかに

“これはここ”

“それはもう少し上”

“これは少し右ね・・”

“それはもうちょっと左のほうがいい”

などとワイワイ言いながら

貼っていきました。

貼るほどに患者さん家族も病棟スタッフも

集まってくれ

歓声をあげて

そんな様子が嬉しくて仕方ない!

🖍 ✏️ ✂️ 🖍 ✏️ ✂️

病棟といってもシーンは様々です。

1 病棟の入り口扉は海中をイメージ

これは病棟保育士さんによるアイデアです。

この病棟の入り口はガラス扉なので外からも内側からも見ることができます。

ここに子どもたちやお母さんたち、そして保育士さんが

自由に塗りデザインしたたくさんの魚を貼ります。

開くたびにガラスが重なるから

海藻の間を魚が泳ぎ回るかのように見える仕組みです。

ここなら病棟の外からも見えるから

退院して外来の時に見に来ることもできます。

2 プレイルームの外廊下は愉快な街

何か隠れている・・

そんな楽しい絵を麻里さんが描き壁画にしました。

3 無菌室へ向かう廊下の天井を明るく楽しく

こここそ、病棟スタッフのたっての希望です。

小児がんで入院する子どもが少なくないこの病棟。

治療を受けながら病室で過ごし、

骨髄移植が決まったら無菌室へ移動します。

ストレッチャーに乗って無菌室へ運ばれる、

そんなときに、目に入るのは

白くて所々しみついたような天井だけ?

いえ、

あ、あそこに何か隠れている

あ、ここに未確認飛行物体が!

こういったいろんな仕掛けがあれば・・。

4 移植室外に大きな木!

子どもたちに最大限に寄り添う医長さんの強い希望です。

無菌室では、いつも以上に身体的自由を制限され

とても長く孤独に感じられる時間です。

そんな場所で辛い移植を頑張った自分を讃える・・

そしてこれから移植を受ける子へのエールを・・

果物形のステッカーにメッセージして木に貼り足していきます。

5 手術を終えた個室に温かな絵を

ゆっくりじっくりと回復を待つための部屋には

パステル調の色で優しい動物の絵をモチーフにしたステッカーを貼ります。

これら全て、

SHJアーティストmari manabeプロデュース

子どもたち、お母さん、病棟スタッフ、の

コラボレーション。

全国の病院に広げていきたいプロジェクトです。

12/26 クラウドファンディング成功ありがとうございます。

2/2 病棟の白い壁をポップに変えようプロジェクト進行中!

mari manabe ホームページ Only Too Mari

Smiling Hospital Japan Official Website

 

病棟の白い壁をポップに変えようプロジェクト進行中!

ワークショップ2回目のモチーフは

病棟の天井に貼る「飛ぶもの」

飛行機

UFO

 ・

 ・

 ・

今回クラウドファンディング達成により実現した

小児病棟の白い壁をポップで明るくしよう!プロジェクトを行う病院には

小児がんで入院する子どもが少なくありません。

スタッフのたっての希望は

無菌室へ向かう廊下の天井を明るく楽しくすること。

治療を受けながら病室で過ごし、

骨髄移植が決まったら無菌室へ移動します。

ストレッチャーに乗って無菌室へ運ばれる、

そんなときの子どもの気持ちを痛いほどわかっている

病棟医長さんはじめ、看護師さんそして保育士さん

みんなの一致した希望です。

無菌室では、いつも以上に身体的自由を制限され療養します。

小児がんの子どもたちにとって、とても長く孤独に感じられる時間です。

白くて所々しみついたような天井を眺めながら

これからのさらに制限された生活に向かう気持ちを察しての

子どもたち、お母さん、病棟スタッフ、SHJアーティストの

コラボレーション進行中です。

🔵骨髄移植とは

小児がん、特に白血病やリンパ腫などの血液のがんで、強い治療を必要とする患者さんに用いられる治療法の一つ。

 移植をする時には、骨髄に、新しい血液の種が生着するまでのあいだ、自分の血液の細胞、特に白血球数が非常に少なくなる時期が2~3週間続きます。この間は、感染症にかかりやすい状態にあり、ちょっとした風邪でも、重症化してしまうことがあります。

🔵無菌室とは

移植した細胞が生着するまでは感染症を防がなくてはならないため、特殊なフィルターを通した綺麗な空気の中で過ごせる「無菌室」が必要となります。無菌室とは、部屋の外からの菌の流入感染を予防するために常にきれいな空気が部屋内を循環している部屋のこと。免疫力が低下した状態にある闘病中の子どもたちを、危険な感染症から守ることができます。

移植を待っている子ども、

移植を必要としない子どもも、

一緒になって

無菌室に入ってからの数週間を

頑張れ!という気持ちを込めて

ステッカーを作っています。

無菌室へ向かう廊下の天井・・

どんな風に生まれ変わるか、

こちらで報告するのが楽しみです。

Smiling Hospital Japan Official Website

『Share your heart』クラウドファンディング!

全ては子どもたちのために!

~子どもたちと一緒に病院の白い壁をポップに!~

2015年に神奈川県小児医療基金から助成を受け、神奈川県立こども医療センターで壁画のプロジェクトを成功させました。

依頼された壁は理学療法室前の待合廊下。

ポスター1枚貼っていない殺風景な長い廊下をワクワク楽しいデザインに変身させたのは、

設立当初から活動をずっと続けているイラストレーターのOnly-toomariこと、mari manabeさん。

Only-toomari

この時の様子は、

2017/12/8 投稿ブログ

SHJヒストリー29~ウォールペイントで病院がカラフルに変身!〜

で綴っています。

この取り組みが他の壁にまで波及するものと信じていたのに、ここだけで終わってしまった・・その原因の一つは、直に描くためには長い時間がかかるし、その間の塗料や養生からの危険回避対応など、面倒な点が多いこと。

そこで普段の活動の中で塗り絵をしたモチーフが壁紙になったらどんなだろう・・。

これなら子どもたちに好きにデザインして塗ってもらい

それを壁紙やステッカーに加工できる。

入院中の子どもたち X SHJイラストレーターmari manabeのコラボレーションは、

子どもたち主体の壁紙作りです。

自分で作ったウォールステッカーを自らの手で好きな場所に貼る!

一体どんな病棟に変わるのでしょう。

想像してみるだけでも楽しくなります。

真っ白な壁(病院によってはちょっと黄ばんだ壁も!)に

どんどん色が、楽しい絵が!

色を選んだりデザインする楽しみ、

塗る楽しみ、

ステッカーに仕上がるまで待つ楽しみ、

そしていよいよ貼る楽しみ。

さらに自分で作った喜び。

ただ、痛くて退屈だった生活空間が、僕の色で、私のデザインで夢いっぱいに変わっていくさまを見るのはどんなにワクワクするでしょう!。

子どもたちのキラキラの瞳と笑顔が楽しみで仕方ない。

たくさんの方からの賛同と共感のもと、是非このプロジェクトを成功させたいと願っています。

⭐️『Share your heart』は、SHJがスポンサー契約をしている

FCAジャパン株式会社のサポートによるクラウドファンディングです。

4つのブランド(Alfa Romeo、FIAT、Jeep® 、ABARTH)の共感のもと、

様々な社会貢献プロジェクトの実現を目指すプロジェクトです。

Share with FIAT『Share your heart』

クラウドファンディングサイト

Mari manabe Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website