物事の本質はいつも子どもから学ぶ👦

”いつでも、どこでも

子どもたちは正直で

物怖じせずに貴重な知識を授けてくれた”

「国をつくるという仕事」

西水美恵子氏著 英治出版 より

出版10周年記念イベントでお会いしてから

西水さんの人生観や物事の捉え方に

深い頷きと共感

インスピレーションをいただいた

衝撃の夜!から3週間が経とうとしています。

→11/18投稿「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんと語り合う会

→11/20投稿「「国をつくるという仕事」著者 西水美恵子さんの想いに触れて

元世界銀行副総裁という肩書きを見ただけで

”物怖じ”してしまった私。

それもそのはず

私が米国の銀行(現チェース・モルガン銀行)

に入行し

Treasury Back Officeで

主に外為事務をちまちまと行なっていた時に

西水さんは世銀に入行して

途上国の貧困対策のために

世界中を飛び回っていたのだから。

さて、冒頭のくだりは

西水さんが

トルコやバングラディッシュ、スリランカに出張中に感じたこと。

早朝の子どもたちの登校に頻繁に参加し、

時にはなかなか先生が来ないクラスで

臨時英語授業をすることもあったと。

地域を知る、また

子どもたちとの雑談の中から

その国の教育事情

政治の歪み

女子教育に対する軽視・・・

様々な課題をキャッチしたそうだ。

途上国内の格差是正へのヒントを得る事に大いに役立った

ということが書かれている。

こんなところに西水さんの現場主義が如実に表れているなあと感じる。

📕 📗 📘

子どもは本当に屈託無く

正直に心の中を伝えてくれる。

もっとも、小学校高学年にもなると

テレが邪魔をしてそうもいかないところもある。

”子どもは正直で物怖じせずに意見を言う”

西水さんが現地にいた40数年近く前の日本でも

同じように子どもは伸び伸びしていたような気がする。

なんだか自由で泥臭くて

太陽の香りがするような

そんな存在だった。

さて今。

子ども特有の素直さや正直さ、怖いものなさが

失われつつある、というより子どもたちもまでが

大人たちにそんたくする事で

貴重な意見を心の中にしまってはいないか、

と気になる時がある。

そうしているうちに

言葉にすることの大切さや重みを感じるチャンスを失い

ものを言うことへの

気恥ずかしさや

責任が先に立って

ものを言う機会そのものや

自分を表現する場を逸し

その力が失われていくような怖さを感じる。

ものを言うことへの圧迫感が

低年齢化しているとしたら

それは

「国をつくる」

と正反対の作用となりそうで怖くなる。

もしかしたら

西水さんは

途上国で伸びやかに話す子どもたちを見て

この国は大丈夫。よくなれる。

と確信したのかもしれない。

📕 📗 📘

ここで話は少々飛ぶが、

少し前に紹介した

「教えない授業」氏著 英治出版

で綴られている

対話型授業。

→9/13投稿「教えない授業」

対話を通して子どもの発話を促し

思考停止を食い止め

話すこと伝え合うことで

自ら学び課題意識を持ち

発信し合う。

知識偏重ではなく

考える隙間の時間を大切にする

という基本理念は、教育現場でなくてはならない本質的なものと感じる。

子どもに自由に話せる時間を!

意見を言い合うことの喜びを!

なぜって、

本当に大切なこと

本当に本当のことは子どもが教えてくれるから。

そして

物事の草の根は全て子どもにあるのだから。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

教えない授業 -1-

教えない授業~美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方~

愛媛県美術館学芸員 鈴木有紀著 英治出版

この本は

美術作品をめぐる対話型鑑賞

という手法を使って

「正解のない問いに向き合う力」

「異なる意見に耳を傾ける姿勢」

を育てるというテーマで書かれています。

美術鑑賞・・・

確かに正解はありません。

感性に訴える活動だからです。

それを授業にしようとすると

指導法が難しいだろうな

と思うし、

生徒にとっては

作品を見て感想を言いましょう

と言われても

・・・・・

まるで正解があるかのような錯覚を

生徒たちに抱かせてしまうのが今の教育かもしれません。

だから

思ったこと何でもいい

と言われても

漠然とした質問に答えが浮かばず

または

正解ではないかもしれない「自分の意見」

を言うことをためらってしまいます。

しかし、

問いかけの仕方を工夫することによって

子どもたちがどんどん手をあげて

発言していく

ということを実例を挙げながら

著者は述べています。

「感想を言いましょう」

では上述の通り子どもは戸惑います。

そこで

「作品を見て気づいたこと、見つけたこと、考えたこと、疑問でも何でもいいので話してみましょう」

という問い方をすると

どんな小さなことでも

気にせず気楽に発言するようになります。

そして

発言に対して

「なぜ?」

と聞くのではなく

「どこを見てそう思ったの?」

と聞くことにより

自分の考えが整理され論理的思考の土台が作れると。

互いの意見を聞き合うことで

新たな気づきや疑問が湧き、

活発な思考と発言のやりとり

学び合いが生まれます。

ここに対話型鑑賞の意味があります。

教えるのではなく

問いを投げかける。

誰がいつ描いた作品で時代背景は・・

といったような知識は

対話の中で必要な時に

活動が弾むようにするためのエッセンス

子どもたちを後押しするための材料

として

教師が伝える

または知っている子が発表する

という授業です。

先生は指導する人

ではなく

ナビゲーターだといいます。

少し前に書いた

「子どもの意見表明権」を

子供達がしっかりと行使するためにも

対話型の授業が

大きな力になりそうです。

→ 9/2 投稿「~子どもの意見表明権~」

美術作品でなくても

色々なシチュエーションの写真や場面を使っも

対話型のダイナミックな活動ができるのではないか。

それが実践ということになるのかもしれないなと

感じています。

さらに、正解のある

算数や英語、理科などに

どう応用していくのかな、

という私なりの問いを投げかけながら

読み進めてみます。