〜SHJヒストリー12 入院期間が短いと院内学級に入れない!?〜

〜入院期間が短いと院内学級に入れない⁉︎〜

院内学級に入るためにはもといた学校から転校、学籍を異動する必要があります。私が2012年3月末までいた院内学級では、医師の治療計画の入院期間がひと月以上であることが、転入の条件でした。

仮に入院が10日間と予定されていても長引く可能性は十分あります。じっさいに2週間の予定だからと学籍は異動できずその間ベッド上で自習、さらに退院が延びて2ヶ月近く入院していた中学生、Mさんがいました。結果、2ヶ月間学校教育が受けられませんでした。この生徒は入退院を繰り返していて、同じようなことが以前にもあったことから、

それじゃ結果的に入院期間がズルズル長引いたら院内学級には入れずじまいで学習の保障がないってことですか!しかも前例がある。予定は未定だってこと分かってるじゃないですか! 

などと朝会で吠え、いや~な雰囲気を作ってしまったことがありました。

学校での学習を強く望んでいたMさん。

決まりだから?教育を受ける権利を保障するのが、学校では?

しかもここは特別支援学校だよね?

教育を受けさせる義務を学校自体が怠っているじゃないか、と憤りを隠せなかった。籍は今まで通っていた学校にあるんだから課題をもらえばいいではないか、という論理です。愛もなければ人権意識など1ミリもない。

そんな声が多かったのか、現在では予定入院期間が基本1ヶ月としながらも応相談だったり、医師の許可次第だったり、もともと学籍異動が必要ないところもあったりで、手続きの短縮化含め、入院児が学習空白がないように配慮されるようになったようで、あの闘いも無駄ではなく、少しは貢献できたかな、と自画自賛。

とにかく、あの頃は、放課後や教材研究の時間、密かにMさんの部屋に通ったものです。

そのMさんは現在病室でSHJスタッフとして、奮闘中!

SHJ活動の一番の理解者のひとりです。

Smiling Hospital Japan Official Website