パプリカ♪&夏休みはおばあちゃんち

毎年恒例 科学技術館で実験を

そして

今年は

国立科学博物館で恐竜展を見てから化石展示を・・・

と楽しみにやって来た初孫小学2年生。

ところが

急な発熱は38.5℃。

滞在期間のほとんどを

アイスノン&

ばあば手作りひょうのう

に埋まって過ごすという

極めて想定外の日々に。

ばあばの寝ずの看病も虚しく

熱は引いたり上がったり。

無駄な敗北感を感じながら

近くの小児科へ。

すっかりペーパードライバーに甘んじ

免許証はすっかり夫婦50割引(夫婦のどちらかが50歳以上なら、夫婦2人で映画を安く鑑賞できるというサービス)の餌食に。

健康のためと

なるべく歩くことを選んだ挙句

自転車は錆びついて使いものにならない。

そんなばあばの現実が

これほど孫預かりにとって痛手になるとは・・・。

辛くてぐずる孫を

途中おんぶしたりなだめたり。

目指す小児科は

井の頭通りを渡ればすぐのところ

しかし横断歩道までの距離が憎らしい。

ギラギラ照りつける太陽に負けて

高熱の孫を思うあまり迷うことなく

通りかかるタクシーを捕まえて

飛び乗ることに。

汗を拭きふき受付を済ませ

ホッとした途端に

待合室のモニターに流れる

2020応援ソング

米津玄師「パプリカ」の動画が目に留まりました。

どこからともなく

子どものかすかな可愛いソプラノが

メロディに乗って聞こえてくる。

   ♪パプリカ 花がさいたら

   晴れた空にタネをまこう

   ハレルヤ 夢を描いたなら

   心遊ばせあなたにとどけ♪

その声もだんだんと大きくなって

ふと見ると

孫が夢中になって歌っています。

それを見た

プレイコーナーにいた2~3歳児の女の子も

一緒に声を出し躍り出しています。

他の子もなんとなくつられて・・。

待合室は

パプリカをもとに

一体化!

看護師さんと目が合い

そっと笑いあいました。

具合が悪くて受診を待つ子どもたち。

歌っていると痛みも辛さも忘れているみたい。

医療者もその様子ににっこり。

音楽のすごい力、ここでも改めて感じます。

汗もすっかり引いて・・

小さな幸せを感じた瞬間。

高熱も首の痛みも一過性のものとわかり

ホッと帰路につきました。

さあ、おやつは何にしようかな。

ウォーキングコースの神田川沿い遊歩道に咲く浜木綿(はまゆう)