〜子どもが教えてくれたこと3〜

教員時代からずっと、

闘病する子どもたちの明るさ、

優しさ、潔さ、包容力にこころを動かされ、

勇気をもらっています。

だから

もっともっと彼らから学びたい

一緒にいたいと、

今の活動を始めました。

「今、この時」を精一杯生きることの大切さを教えてくれる彼ら。

  明日何が起こるかわからない。

  この考えは決して悲観ではない。

  事実。

  だから与えられた時間は皆平等。

  それぞれの生き方で思いっきり今日を生きよう。

  「一日一生」

  今を、今日いちにちを精一杯生きることが

生きていることに応える唯一のあり方

普段から胸に刻む私の生き方です。

フランスドキュメンタリー映画

子どもが教えてくれたこと

(監督:ジャーナリスト アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン 配給会社:株式会社ドマ

この映画に出てくる子どもたちは

まさに院内学級時代~今

に至るまでずっと

私に勇気をくれ

「一日一生」の生き方に

導いてくれた生徒や患者さんたちと重なります。

この映画についてすでに2回綴りました。

2018/5/30投稿~子どもが教えてくれたこと

2018/7/9 投稿~子どもが教えてくれたこと2

たくさんの人に観てもらいたくて

配給会社ドマよりチラシを送ってもらい

配布したこの映画。

この度、SHJ自主上映が決まりました。

🌀上映会詳細

2019年9月6日(金) 18時~20時30分(開場:17時30分より)

バイオトロニックジャパン株式会社 セミナー会場  恵比寿ビジネスタワー15F

参加費 1,000円 (当日支払い/軽食・飲料込み)

定員 30名 ※定員になり次第締め切り

【プログラム】
17:30 開場
18:00 開始
18:10 主催団体認定NPO法人スマイリングホスピタルジャパンよりご挨拶
18:30 上映開始
19:50 上映終了 /休憩
20:00 大道芸パフォーマンス
20:25 終了のご挨拶
※20:30終了予定

スタッフが株式会社ドマより

元々のデータをお借りし

上映会のチラシを作りました。

私たちの活動を通して

難病と闘う子どもたちを知ってもらう方法といえば

HPやニュースレターでの報告。

生で伝えることはなかなかできません。

もちろん、目の前の子どもたちのために、

毎日心を込めて活動するのが使命だけど、

彼らの頑張りをもっともっと知って欲しい、

というもどかしい気持ちを抱えていたところ

出会った映画。

この映画を通して、SHJが誰に何のために活動しているか

が明瞭に伝わる気がします。

今回定員は30名ですが

たくさんの人に観て欲しい映画です。

→申し込み

「自主上映」

2回目、3回目・・・

そんな予感です。

映画オフィシャルサイトでSHJが紹介されています。

「子どもが教えてくれたこと」スペシャルコンテンツ