〜SHJ各地区、個性派ぞろい vol.6〜

 愛知まで広がったのは2016年9月。

名古屋大学医学部附属病院で。

もともと、こちらの小児病棟でバルーンの活動をしている

ぷくぷくばるーんの代表 大竹由美子さんと知り合いで、

バルーンだけじゃなくて色々なアートは絶対に喜ばれる!

と、名大に繋げてくれました。

コーディネータはcumin (くみん)とチバちゃん♪のユニット「スーハーハー」

のくみんこと箕浦恭代さん。

ベストファシリテーターオブ ザ イヤー賞の受賞歴もある、

ドラムサークルファシリテーター。

ドラムサークルのネットワークによるSHJの広がり、改めて感謝です。

ユニット名の「スーハーハー」は深呼吸の息の音。

ゆっくり息を吐き、リラックスしたら活動の始まりです。

子どもの名前を呼ぶ挨拶の歌や、乗り物や動物の歌をアカペラで。

笑い声もそのまま音楽にしてしまうというから一度は体験してみたい。

3月の研修会ではくみんさんのワークショップが楽しみです。

私も参加した初回の活動は、

日用品音楽ユニットkajiiさんによるパーフォマンス。

なんだ、なんだ、何が始まる!?

準備段階から期待感にワクワク。

その名の通り、食器や調理器具、掃除道具やたらいなど、日用品ならなんでも楽器にしてしまうアートです。

楽器がなくたって身近なもので音を出してリズムをとったのが音楽の始まり。

太古の時代は石と石を叩いていたとか、

ナイジェリアでは何千年もの間、ドラムが言語の代わりに使われていたというのを何かで読んだことがあります。

話は戻り、kajiiさんたちの音楽は、目をつぶれば

立派な楽器で奏でているかのようにしか聞こえません。

それほどまでに、音質も音量も響きも何もかもがホンモノなんです。

これには本当に驚きました。

駐車場で待ち合わせ搬入の時から一緒でしたが、

ありとあらゆるサイズや厚さの陶器のお皿をいかに割らずに運搬するか、

まさに芸術的な技はここから始まっていた!

とにかくyoutubeで聞いてみよう!

さてダンスも活動の1つ。

担当は『カラダのアトリエ マナマナ』主宰で、コンテンポラリーダンサーの

沼田真由みさんと久野和美さん。

活動の様子は、活動報告書を読んだだけで子どもたちへの寄り添いや愛情がたっぷり感じられるほどです。

今年3月のSHJ研修会で発表した、

SHJテーマソング~かけがえのない君へ~

一度聴くなり振付を考案、参加者総勢82名で踊りながら歌ったこと、

強く印象に残ります。

この振付で来年の3月は何人で歌えるかな。

さて、今年の夏に登録アーティストとして活動する

ラジオDJ 空木マイカさん。とっても自由で、とっても楽しい読み聞かせ。

「目を合わせることもなかった子が、あんなふうに喋ったり笑ったりするのを初めてみました」

という保育士さんの言葉がとても嬉しかったと、

絵本の力はすごい、とは最初の活動でのマイカさんの感想ですが、

とっても自由でとっても楽しいマイカさんの雰囲気とやりとりが生み出した笑顔だったのだろうな、と感じます。

SHJ愛知地区活動レポートブログ

Smiling Hospital Japan Website

〜SHJアシスタントのちから〜

SHJ愛知地区のアシスタント布野裕子さんが、活動に寄せて素敵なコメントを綴ってくれました。

ぜひ紹介させて!とこちらに掲載することに。
活動の様子が伝わってきます。アシスタントの愛情や活動への思いが込められた、嬉しいメッセージです。

🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺

~ 子どもも大人もみんなを笑顔にする、素敵なアーティストさんたちと共に ~

先週の台風一過の水曜日は、月に一度のあいち小児保健医療総合センターでのボランティアの活動日でした。
私が「スマイリングホスピタルジャパン」という団体のアシスタントとして活動に関わらせてもらいはじめてから、ちょうど1年がたちました。

「スマイリングホスピタルジャパン」というのは、毎月、様々なアーティストさんが病棟を訪問し、入院中の子どもさんたちに本物の芸術を届け、子どもたちや保護者の方たちも一緒に参加し楽しんでもらうという、素敵な活動団体です。

すでに名古屋大学病院では、隔月に一度の活動を続けてこられているアーティストの皆さん。昨年9月から、大府のあいち小児でも活動を始めるに当たり、アシスタントを募集していたので、仕事を終わってからでも参加できる時間帯だったこともあり、応募しました。

以前中学で仕事をしていた時、関わった生徒さん何人かが、定期的にあいち小児に通っていたということも、応募した理由のひとつでした。

私は、荷物を運ぶのを手伝ったり、当日の様子を写真におさめ、報告書を書くことや、当日参加してくれた子どもさんたちへのフォローなどが主な担当で、大したことはしていないのですが、毎回、アーティストの皆さんの素晴らしいパフォーマンスに、感動しています。

この日の活動は音楽ユニット「スーハーハー」のみんなで作る演奏会

当日まで、参加する人数も年齢層もわからないのですが、皆さんたくさんの引き出しを持っていらっしゃるので、集まった顔ぶれを見て、パッと当日のプログラムを考え、それがまさにピタリとはまり、子どもも大人もみんな笑顔が弾けていく様子は、見事というしかありません。

最初は恥ずかしくて、控え目なリアクションだった子どもたちも、どんどんイキイキしてきて目の輝きが増してくるのが、手に取るようにわかります。また保護者の方がリラックスした表情をされるのも印象的です。

このような素晴らしい活動に、少しでも関わることができることに感謝しながら、これからも続けていきたいと思います。

活動の様子がわかるブログはこちらです。
http://smilinghpj.org/aichi/

🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺 🎻 📯 🎷 🎸 🎹 🎺

アーティストの活動を、真心込めてアシストするアシスタントの存在は、なくてはならない縁の下のちからもちです。

Smiling Hospital Japan Official Website