〜活動はいつもwin win win〜

入院しながら闘病生活を送っていると

ときに後ろ向きな気持ちに襲われます。

お友達はどうしてるかなあ・・

自分のことを忘れてしまっただろうか・・

妹や弟は元気にしているかなあ・・

早くおうちにかえりたいな・・

寂しい・・

治療は辛い。なぜ自分だけこんな痛い思いをしなくてはならないんだろう・・

だけど、自分が病気になってしまったせいでお母さんが大変・・

いい子にしていなきゃ・・

辛いなんて言っては心配をかけるから・・

我慢して早く退院するんだ・・

そんな思いから、無理に笑顔を作ったり、自分の気持ちを抑えたり。

お母さんはそんな我が子の気持ちはとっくに察している。

一番辛いのは子どもなのに、かえって気を遣わせている、

できることなら代わってあげたい。

そんなに頑張らなくていいんだよ、と言ってあげたいのに

余裕がなくなってしまっている。

そんな親子の葛藤が日常続くと、ギクシャクした関係を作ってしまうかもしれません。

また、兄弟や父親としても、

入院している当人のことが一番心配だけれど、

日常的に一番正面に向き合う付き添いの家族、

・・母親だったり父親だったり・・

との意思疎通や寄り添い方に戸惑いを感じることもあります。

チーム医療には医療者の他に、

心理士

保育士

ケースワーカー

など多職種が参加し、患者、家族への心のケアへの介入は十分行われています。

しかし、心理へのダイレクトなアプローチはときに

特に患児には「支援されている」

という受け身な気持ちにさせてしまうかもしれません。

僕は私は自分だけなんだ、

という自尊心が損なわれないような関わりが必要です。

2018/8/27 投稿~心に寄り添うということ

でも述べていますが、

直球でない寄り添いが、子どもに主体性を促し

笑顔や達成感を生みます。

やりたい気持ちをそっと引き出し、

やりたくなったら参加する

SHJの質の高い定期的アートプログラムがまさにそれ。

主体的参加型芸術活動によって、

子どもたちは、

心から楽しみ、

夢中になり、

心のままに自分の世界に没頭します。

我が子が喜んで自分から取り組む姿に、

お母さんが安堵し、救われたと話す方もいます。

お母さんが笑うと子どものストレスや心配が減っていく・・

そんな笑顔の連鎖が医療者を安心させます。

医療を施しながら子どもの心のバランスを心配する医師や看護師。

ホッと胸をなでおろし、職務に没頭できると聞かせてくれた医師もいます。

そればかりか、

「一緒に子どもたちのために頑張りましょう!」

と、医療とアートのコラボを意欲的に進める医師もいます。

患児

家族

医療者

の間に起こりがちな閉塞した煮詰まり感や

一番密接でいながら立場的な相入れなさがあるとすれば、

医療でない立場として病棟に身を置く私たちが

誰もが楽しみながら解決できる実践者かもしれません。

 

もちろん、私たち自身が活動を楽しみ、子どもたちから学ばせてもらっていますから、

誰もが嬉しい活動です。

まさにwin win winの連鎖。

三方よし!

〜なぜアートなのか〜

「医療現場にアートを持っていくことでどんな効果があるのか」

これは団体趣旨の核心となる問いです。

まず、生活の中で心を豊かにするものといえば、

自然とアート

と考えます。

人間の手によって作られたものがアートであり、その反対が自然。

この対極にあるものが満足や精神の安定をもたらしてくれるというのは、

面白い現象だな、とふと思います。

さてそのうち、

団体のテーマであるアートについて考えます。
私の考えるアートとは・・

「アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの」

「気分が落ち込んでいる時、体調がすぐれない時に無意識と言っていいほど自然に求めるもの」

「アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる」

こう考えるとどんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできる。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

病棟やベッド上という極めて限られた空間にいても、一旦アートに向き合えば心は自由でいられるのです。

病院での生活は、与えられるもので過ごしたり、治療を待ったりと受け身になることがほとんど。

毎日が成長過程にある子どもにとって、

感性を呼び覚ますような情操活動は不可欠です。

もちろん、病気を治すために入院、治療します。医療は最優先であることには変わりありません。

しかし、それだけでは痛みや辛さ、閉塞感などに心が折れてしまいます。

白衣、電子音、冷たい機器に囲まれ楽しむことを諦めてしまいます。

子どもを救い、守るための現場が、子どもの心にかえって傷を負わせてしまっては本末転倒です。

見るだけ、聞くだけではこれも受け身となります。

ですから入院中には特に

アートが主体的な創造活動でなければなりません。

やりたい!

と思うような質の高いプログラムを、

専門家がファシリテートします。

その結果、

高揚感 

感動

自発的な行動

をもたらし、

生きる力、生きる喜びにつながります。

クリエイティブな活動が心も脳も活性化させ、愉快な気分になり、

できた!

という達成感や自信につながります。

この自信があったからこそ闘病を乗り越えた経験が

入院生活を前向きに捉え、

生涯の生きる力に結びつきます。

もう一つの自発的アート効果は、

活発なコミュニケーションを生むこと。

閉鎖空間においてのインクルーシブな社会づくりや、

ダイナミズムや感動をきっかけに、共感が生まれ

孤独感や疎外感を吹き飛ばします。

新しい仲間意識も生まれるかもしれません。

入院中は気分も落ち込んで人に会いたくない、と内向してしまうことが多いものです。

そんな時、

「スマイリングホスピタルジャパン

 アーティストと遊ぼう!

ごご2時から プレイルームにて」

そんなポスターを見てたまたま集まった子どもたちは、

一緒に歌ったり、楽器を奏でて1つの音楽を完成させたり、

ものづくりでは自分の世界に没頭し、作品が完成すれば周りの子たちの作品が気になり

互いに見せ合ったりアイデアを参考し合ったり・・。

大道芸で笑いを共有し、飛び入り参加して人気者になったり・・。

一緒に活動し交流するうち、同じ病室であることに初めて気づき、

それからはそれまで締め切っていたカーテンを全開にして

入院中のさまざまな思い、

好きなこと、

元いた学校のこと・・など、

対話が生まれ、

生き生きとした人間関係が生まれます。

活動を通したコミュニケーションによって、

入院生活の質向上や心の安定をもたらすこと。

この意味に置いても、

SHJならではの大きな価値を見出すことができます。

Smiling Hospital Japan Official Website