アースデイで行きつけのスポット「工房ぱれっと」

1970年4月22日にアースデイはアメリカで誕生しました。

日本では、1990年より、「地球のことを考える日」として、4/22に一番近い週末2日間、全国でイベントが展開されています。

代々木公園では2001年から毎年開催。

環境問題、人口問題、食糧問題・・あらゆる分野の社会活動が紹介され、楽しみながら問題意識を啓発するイベントになっています。

スマイリングホスピタルジャパンは2013年から毎年ブース出展しています。

スポンサー フィアットジャパンのCSVプロジェクト

”Share with FIAT”

の支援のもと、今年も大盛況でした。

そんな中、一昨年からブースをちょっと抜け出して探すのはNPO法人ぱれっとが出展する「工房ぱれっと」。

この団体は渋谷区恵比寿で、知的に障がいのある人たちを対象に、余暇活動支援(たまり場)や就労支援(クッキー製造販売・軽作業等)、生活支援(グループホーム、緊急一時保護事業、短期入所事業)、シェアハウス、国際交流活動を行なっています。

アースデイでは手作りクッキーを売るコーナー(お菓子屋ぱれっと)と、手作りぬいぐるみを売るコーナー(工房ぱれっと)を出展しています。

真心こもった商品のうち、何といっても惹きつけられるのは愛らしいマスコットの数々・・。

「工房ぱれっと」は、その人のペースに合わせた作業の提供を目的に2013年にスタートしました。就業日数、時間など個別に対応し、それぞれの個性やアイデアを生かしたぬいぐるみや雑貨を製作し販売しています。

日々製作したものを店舗で販売していますが、アースディにも毎年参加。

偶然見つけてからというもの、立ち寄らずにはいられないお気に入りのお店です。

「去年も来てくださいましたね!」

「覚えてくださってるんですか!あんまり可愛くて店舗を探し、プレゼントを探していた知人に都庁店を紹介しました。

私は3体目。コレクターです!」

と会話が弾んだのもつかの間、後ろ髪を引かれながらブースに戻りました。

撤収後もお邪魔したくらいのお気に入り&おすすめスポットです。

ぱれっとの利用者さんが生き生きと接客している姿も素敵でした。

NPO法人ぱれっと Website