〜苦悩の日々があって今がある〜 1

そろそろ文章にしてみても・・

あの頃があったから今があるんだもの。

そんな思いで、18年前を思い出しています。

これも年齢のせいかな・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぼんやりとした人の顔が覗き込む。

白いマスクが浮き立つ。

現れてはまた消え、足音か電子音か、何か無機質な音が耳に残る。

真っ白い天井にほの明るいラインが規則的に並ぶ。

話し声のようなものがときおり遠くで聞こえてほっとする。

こんな状態が3日間も続いたろうか。

2000年6月20日。

この日の記憶は午前6:20まで。

早朝の交通ニュースは、駒沢通りで起こった事故、それに伴う停電や渋滞を伝えていたという。

通学準備中の長女と長男の目に飛び込んできた悲惨な現場。

「見ちゃダメ!」

画面は消された。

事態を察した近所の奥さんが駆けつけてくれ、二人の世話をしてくれていたとしばらく経ってから聞いた。

病院からの連絡を受けて、両親、兄弟が救命救急センターの待合室に集められた。

担当医師の説明に泣き崩れた家族。

センターの奥の方で横たわる私は一回りもふた回りも小さく見えた、と後になって母が話してくれた。

「××さん、奇跡が起こった。肺からの出血が治まってきたよ!」

命を取り留めたことを、覗き込みながら息も荒く伝えてくれた担当救命医の満面の笑顔は、今もはっきりと脳裏に焼き付いている。

この後は少しずつだが順調に回復し、手術を受ける体制も整い、救命センター、ICUを経て整形外科へ移動することになった。

手術が終わりタイミングよく届いたのは、仕上げて提出していた文芸英訳の下訳が製本されたもの。

“Walk in the Woods”  Bill Bryson

ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行くー  千名 紀=訳

やっと生きている実感がつかめたような瞬間だった。

喜びとともに、時間は何事もないかのように流れていくことを確認した。

無常でもあり無情でもある。

「日にちぐすり」とは言い得て妙。

たっきゅうさんと「笑いと治癒力」

研修会での講義2つ目は、大道芸人&笑いの研究家でSHJアーティストのたっきゅうさん。

英語のことわざに、

“Laughter is the best medicine”「笑いは何よりの薬である」

とあるように、

そしてSHJの理念に、

“Happiness Helps Healing”「愉快な気持ちは治癒を助ける」

とあるように、

幸福感がもたらす笑いが闘病への活力剤になることを信じてSHJは日々、質の高いアートプログラムを病いや障がいと向き合う子どもたちと家族に届けています。

この理念をスタッフ全員にさらに確信してもらうために、笑いの効果について専門家のたっきゅうさんにん講義をお願いした、というわけです。

京大学生時代、統計学的手法を応用して、幸福感や信頼感など、人の心理がどのように形成されるか研究し、その成果を学会でも発表。また、「日本笑い学会」で「笑いの講師団」としても活躍し、自らもパーフォーマーであるだけあって、説得力と躍動感ある講義とパーフォマンスは会場を抱腹絶倒の渦に巻き込みました。

この講義の中で、私の愛読書である「笑いと治癒力」が引用されていて、思わず我が意を得たり!とニンマリ。

これはUCLA医学部大脳研究所所長・ジャーナリスト、ノーマン・カズンズ氏が1981年に「死の淵からの生還」という題で著し、それを改題したものが2001年に発行されたものです。

彼は不治に近い難病を笑いによって克服した自らの体験に基づき、笑いとユーモアが生への意欲を生み出し奇跡を起こすことを紹介しています。

大好きなくだりを引用します。

~生への意欲は単に理論的抽象ではなくて、治療的な特徴を持つ生理学的実在だ~

~医師の最大の任務とは、患者の生への意欲を最大限まで励まし力づけ、病気に対する心身両面の自然の抵抗力を総動員させることだ~

「人間そのものに治ろうとする力が備わっている」という主治医の患者への信頼と、それに応えようとする患者の意欲が、病克服へのキーだということでしょう。

さらに、

~楽しい心は医師と同じ働きをする~

~陽気な楽しさは神経の緊張に対抗するための非常に有用な方法である~

~創造力、生への意欲、希望、愛情などが生化学的な意味を持っており、病気の治癒と心身の健康とに大いに寄与するものだ~

~積極的情緒は活力増進剤だ~

もう、ここまでくると、あたかもノーマン・カズンズ氏がここにいて、SHJの活動を高く評価し、医療現場で推薦してくれているかのようです。

前回モンテッソーリの理念を、

「子どもは自ら成長する力を持っている」

という言葉で紹介しました。

今回のノーマン・カズンズの

「人には自ら治ろうとする力が備わっている」

という哲学。

つい重ねあわせます。

人間て何て素晴らしいんだろう。

たっきゅうさんtwitter

Smiling Hospital Japan Official Website

〜モンテッソーリ珠玉の講義〜

研修会での児童発達とモンテッソーリ教育の専門家による講義は、普段から興味を持ってさまざまな関連図書に親しんでいながらも、さらに深い理解に繋がりました。

自分の中での確認作業という意味もあり、ブログで何度も取り上げて整理していますが、やはり臨場感のある講義を聴いていると、生き生きとした子どもとのやりとりが目の前に広がってくるようです。

単に読んで知っていたことも、臨床に基づく説明を通して改めて納得。スマイリングとモンテッソーリ教育との関連性や共通点についての話は、設立の理念やユニークさへの賛同が伝わってきて、心の底から嬉しくてワクワクした気持ちで聞きました。

◇具体的な関わり方・・・SHJの4つの活動方針(左)に、モンテの考え方(右)を対応させた説明は、SHJにも愛情を持ってくださっている証、幸せなことです。

🌀参加型…自発的な活動内容の選択

🌀個別活動…個別の興味に寄り添う

🌀定期活動…何度でも繰り返し

🌀本物のアート…玩具でなく本物を

特に「本物を使う」というところには、子どもの感性への敬いや信頼感が表れていて、まさにスマイリングの理念にぴたりと合うのです。

また「参加型」の、自分で選ぶ、自分で決めるスマイリングの活動には、参加する自由、しない自由もあって、さらにその日の活動のうち何をするかを自分で選ぶ自由も保障されています。

とうぜん、子どもたちが選べる素材の豊富さや環境をプロのアーティストが用意しているからできること、というのが大前提にある。そこがスマイリングアーティストのすごいところ。

物事の正しいやり方をして見せて、決して正さないこと。自分で気づく力を持っているという信頼を置くこと。これもスマイリングアーティストの子どもに対する眼差しにどんぴしゃり!

◇子どもと関わるときの大人の立ち位置として大切にすべきこと・・・大人は決して上にいる立場ではなく、子どもから教えてもらうという真摯な気持ちが必要だとあらためて確認しました。

🌀子どもは自分を育てる力を持っている、という、全面的な信頼のもと関わること。

🌀子どもと接して人格に影響しないことは何一つない、ということを意識すること。数ある例の中で印象に残ったのは、こちらが自由を保障することで、子どもが自由を享受できて初めて相手の自由を尊重できる人になる、という話は説得力がありました。大人の価値観で子どもの自我を抑えつけてしまわないようにしなくては。

自分が幼い時に思ったことや親に理解されなかったこと。

今改めてモンテを知れば知るほど、頑固に自分の世界にとどまっていたことを、それでよかったんだと、肯定的に自分を振り返ることができました。

モンテッソーリについて知っている人も知らなかった人も、示唆に富んだ講義に新しい気づきを得、活動に生かしたい、など嬉しいアンケート結果となりました。

日常生活を抽象概念と結びつけるモンテッソーリ教具がたくさん展示されました。

Smiling Hospital Japan Official Website

アーティストのちから~懇親会編~

会場にピアノをそっと置きました。

研修会で講義に集中したあとは、毎年フリードリンク付きのブッフェスタイルでの懇親会で解放感を味わいます。

酔いが進むほど、さすがアーティストたち。

こっそり⁉ 懐に隠し持ってきた楽器をいつのまにか取り出し、あちこちでミニパーフォマンスが発生。

そんな今までの傾向⁉ を思い浮かべると、そこにピアノがあったらなら・・。

ピアニストにもエンターテイメントを披露してもらえるんじゃないかという思惑がありました。

これが大当たりの演出で、我ながらビール片手にしめた!と心の中でニッコリ。

こっちで大道芸、あっちでダンス・・BGMはもちろんアーティストによるピアノ演奏。

そしてピアノを囲んで始まったライブはアーティストが入れ替わり立ち代わりで、ボサノバ、ジャズ、ラテンと続き、そのリズムがカーニバルのように発展。

会場が一つになりました。

研修会では講習と各地区紹介、地区ごとのミーティングと、日ごろの活動をいかにさらに充実させるかということに全体が一つにまとまり真剣そのものでした。

そのあとも、やはり一つにまとまってアートを分かち合い楽しむ。

これぞSHJのスタッフ集会のかたちです。

年に一度の研修会を機会に、初めて出会うアーティストもいます。一人がピアノを弾くと別の人がさっとマイクを握ってボーカルを。

バルーンアーティストから私に青いバラをプレゼントされた次の瞬間、2人のピアニストとフルートプレイヤーが”Rose”を演奏すると、ジャズボーカリストが熱唱。

さすがプロの技です。初対面、しかも打ち合わせなしで完璧なセッションができる。

本番(=病棟や施設での普段の活動)でも同じ。

その場の状況を読んで、たくさんの引き出しからぴったりのアートを取り出して子どもたちと楽しむアーティストたち。

頼もしさ、そして尊敬の気持ちを新たにしました。

私は残念ながらアーティストではないけど、彼らといると大好きなアートの世界に浸れて幸せひとしおです。

この場を借りて、アーティストの皆さん、ありがとう!

Smiling Hospital Japan Official Website

SHJテーマソング ”かけがえのない君へ”

念願だったスマイリングホスピタルジャパンのテーマソングが完成しました。

昨年冬に舞台音響、楽曲制作、シンガーソングライターであるSHJアーティストの安藤崇さんに相談したところ、二つ返事で引き受けてくれました。

作詞作曲の安藤崇さん、製作への思いなど語ってくれました。

幾つかのキーワードを提示し、曲はテンポが速めでノリの良い、明るい雰囲気で、とわがまま放題のリクエストに、

「わかりました!作ります」

SHJホームページ、FBそして代表ブログを熟読!し、理念と趣旨を詩にしてくれました。

♫君と出会えて僕は嬉しい

大切なことは

君たちが教えてくれるから

君が笑顔でいられるように僕らは歌おう

たくさんの笑顔が広がるように願いを込めて♫

テーマソングでありながら、病棟で子どもたちと、そしてスタッフの研修会で・・いろんなシーンで歌いたい。

すでにそらで歌えるようになったほど、声を出してなんども歌いました。

外にいても心の中でいつの間にか歌っている・・

先日の研修&交流会ではタイミングよくお披露目ができ、夢のようでした。

アーティストもアシスタントも、事務局ボランテイアも、歌詞カードを見ながら楽しそうに歌ってくれた時にはさらに涙が!

ダンサーが即、振りつけを考えてくれ、さすがのアーティストはみんなすぐに覚えて全員で踊り、それはそれは盛り上がりました。

これからyoutubeで紹介する予定です!

乞うご期待!!

Smiling Hopsital Japan fficial Website