〜私は私!自分で決めるの!〜

新しいアーティストボランティアの初回活動を見学しました。

編み物作家による

「毛糸でなにができるかな?」

というタイトルで、

アナウンサーでもあるアーティストはまずは毛糸にまつわる絵本を読んでからスタート。

活動は編み物作家&アナウンサーの長久保さと子さん。素敵な笑顔がプレイルームを明るくしていました。

1ラウンド目に集まったのは小学低学年~中学年の3名とお母さん合わせて5名。

作るものは、ポンポンかフリンジにリボンをあしらったペンダント。ブレスレットや髪飾りにもできるように材料も豊富にアーティストが用意。

見本を見ながら全員がペンダントを選びました。

毛糸は色の美しさや肌触りの心地よさなど魅力たっぷり。見ているだけで、触っているだけでなんだか癒されるとお母様。

そんなおしゃべりの最中も子どもたちはクリクリと目を動かしながら好きなのを選んでいます。

モコモコふわふわのモヘア毛糸を見つけて、

「わあ、気持ちいい。これなんてどう?」

と思わず促してしまった私。

しまった!余計なお世話は要りませんでした。

「こういうの私嫌い。それよりこっち」

大人の提案なんてうるさいだけ。子どもは、

「私が選ぶの!」

私は私よ!というオーラを放ちながらじっくりと探しています。

そんな様子を、見るとも気にとめるともなくマイペースで作業するのは男の子。

ピンと揃えた4本の指に毛糸をくるくると巻き、別に選んだ毛糸でしっかり結びます。点滴をつけていても、不便さから工夫が生まれたのでしょう。器用に手を動かしています。ゆっくりゆっくり。

ハサミを使う段になるとさらに丁寧に、慎重に。不自由さがあると考えて工夫する力がつくんだな~と関心して見ているうち、1つ目が完成。

男の子は1つ作ってはさらりと、

「ありがとうございました」

互いにあいさつをして病室へ。

クールでかっこいいなあ、と後ろ姿を見送る。

女の子二人はニコニコしながら首にかけて部屋に戻る気配なし。

「もう一つ作る?」

「うん!」

さて次はどんな色?

意外や意外。

1つ目とまったく同じ色の組み合わせを選んだ子がいました。

「違う色にしたら?こんなにあるんだから」

と今度はお母さんのアドバイス。

「いいの!」

ピシャリとどこか凛としたレディーの風格。

色も大きさも全てそっくりの2つのペンダント完成。

「一つはお友達にプレゼントするの」

「そうか、仲良しとお揃いでオシャレするんだね」

「うん!」

楽しみだね。

私は私。自分で決めるの。

そうだったね。

何を作るかも、色も大きさも、そして完成したらどうするのかも、ぜ~んぶ

自分で決めるの!

満足気な笑みがこぼれ、心なしか、胸をえへん!と張ったように病室に戻って行きました。

目の前で体ごと大切なことを教えてくれる子どもたち。

今日も心があったかい。

Smiling Hospital Japan Official Website

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜考える練習〜

昨日、素敵な心の持ち主の少女のことを書きました。

「今自分はどうするべきなのか」

を直感し即行動し、爽やかに去っていった小学生の清々しい行為は、ぐっと心に迫ります。

話は変わって、悪質タックル事件を機にスポーツパワハラが社会問題として浮き彫りになり、その熱は冷めそうにありません。

誰にでも似たような経験があったり、または同じような思いをした友人がいたりして、その時どう振る舞ったかを悔しさや反省を込めて思い出した人も多いのではないかと思います。

今まさに同じような状況にある人にとっては、行動の指針となったかもしれません。

パワハラの現場というのは、

被害当事者として、または他の人が受けているのを知りながら、どうにかしたい、と思いながらも悪化や飛び火を恐れて頭から振り払う。

ただ威圧者の激昂や強権的態度が過ぎ去るのを待ち、ひたすら

「今自分はどうするべきなのか」

を考えることをやめ思考停止を繰り返す、それが事態をエスカレートさせることにつながる。

そんな構図ではないでしょうか。

いじめも然り。

私が中学生の時のいじめは、いじめを受けている人と仲良くした、というだけで標的となりました。味方になってくれた人は一人もいませんでした。それどころか、どんどんエスカレートしていきました。

差別を受けている人、障がいのある人、マイノリティのために理不尽や不自由を強いられている人たちは、

社会からパワハラを受けているようなもの。

一人ひとりの心が、冒頭の少女のようであったなら・・・。

人が成長する過程で、ことあるごとに、

「こんな時。どうしたらいいと思う?」

というような対話が自然に家庭にあったなら。

社会で起こっていることを食事をしながら話題にするのが常であったなら。

そんなちょっとした考える練習が、

考える習慣になって、まわりの出来事に気づき、

「今自分はどう行動すべきか」

に思いを巡らせる癖になっていくような気がします。

悪事や無関心が助長される土壌は、みんなが考えることをやめることでどんどん肥沃になっていきます。

考えること、

あとは少女のような行動力があれば

いろんなことが解決できそうです。

 〜素敵な「心」の話〜

朗読家の川島さんが、ボランティア活動に行く途中である小学生に助けられたことについて、川島さんのアシスタントが小学校に感謝を込めてお手紙を代筆したことを昨日知りました。

その小学生は通っている小学校の6年生であることのみ、名前もわからないまま別れてしまったため、たった一つの手がかりである学校へ手紙を書こうと、川島さんに提案したそうです。

この少女の温かい気持ちと行動力、そしてその時川島さんがとても助けられ幸せな気持ちになったこと、これだけでも心温まる出来事です。

しかしその上アシスタントの提案により綴られた手紙の内容が学校のお便りで紹介され、心ある行為を同じ小学校の生徒たち、先生たちに知ってもらうことができた、それを知った人の中には自分も!という気持ちを持った人も多かったのではないかと思います。

さらにそれぞれの家庭で話題になっただろうと思うと、たった一人の少女の勇気が多くの人の心にぽっと一つ明かりを灯した気がします。もっとも、この女の子には勇気なんかなくたって当たり前にした行為だったでしょう。でも、

「あの人、困ってるかも知れない」

と思っても行動に移すとなると、やはり「勇気」というものが必要なもの。特に小学校高学年ともなるとだんだん照れが出てしまうかもしれません。

そんな素敵な「心」の話を、小学校のお便りからここに引用させていただきます。

この間、私は、慣れない道を歩いていました。この道は時たま歩くのですが、一人の時は心細くなってしまうのです。細い一本道です。まっすぐ歩いていけば、そのまま駅へと繋がることはわかっているのです。でも、点字ブロックは無いし、横断歩道には音の信号機はありません。車道を自転車はひっきりなしに通っていますが、歩道には人はほとんど通らず、自転車が時たますり抜けていくだけです。

実は私は少し前に電柱にぶつかり、怪我をしてしまいました。それでぶつかっても怪我にならないように帽子をかぶり、さらに念を入れて日傘までさして歩いていたのです。

そんな私が、不安そうに歩いているように見えたのでしょう。

「私、高井戸駅の近くまで行きますけど」と声をかけてくれた女の子がいました。一度、自転車で私を通り越して、心配してわざわざ戻ってきてくれたようです。

「一人だったらびゅーんって行けるのに、ごめんなさいね」

自転車を押す女の子のハンドルをもたせてもらい、一緒に歩きながら会話が始まりました。

「大丈夫です。私、今、暇ですから」

と明るい声が返ってきます。

彼女は小学校の6年生、ちょうど春休みなのだと言います。私は一緒に歩いてもらえるので安心して日傘を閉じながら、

「これはぶつかっても怪我しないための対策なの」

と言い訳みたいなことを言ってしまいました。

その子は少し感心したように、

「へえ、工夫ですね」

と言ってくれました。そんな風に言われてちょっと照れてしまいました。

この道は歩く人がほとんど通らないから、とても心細かったこと、信号もわからないし、声をかけてもらえて本当に嬉しかったことを伝えると、

「いつでも言ってくださいね。私一緒に行きますから」と弾むように言ってくれます

そして最後に大きな声で「ありがとうございました」と言ってくれました。本当に本当に嬉しくてありがたい気持ちでいっぱいになりました。ありがとうは私の方なのに。

二人でありがとうを言い合って握手をしてお別れしました。

春風と共にあらわれた、あたたかな陽だまりのような女の子でした。そして私の心には、あの時の陽だまりみたいな温かさが今も残っています。

  

   少女の温かい心

   川島さんの素直な心

   アシスタントの正義感

読んだ人の心を動かし勇気を与えるだけでなく、社会が抱える問題点を改めて思い、行動することを促すような連携プレー。

その火付け役はこの少女。

人と人が繋がることの意味をしみじみと感じた出来事。また一つ子どもから教わりました。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

この少女は学校で「誰ですか」

と聞かれても「ふふん」と受け流して手をあげることもなかったんだろうな。

そんな気がします。

〜美しい心 2〜

 今日は全盲の朗読家、川島昭恵さんのアシスト。

  8/29/2017  「美しい心」と題して川島さんの活動風景を書きました。

こころの目で周りを深く感じ見る。

朗読する、というより、読みながら目の前の人と魂の交流をしているみたい。

そう感じつつ語りの様子に心を動かされたのは、今日も同じです。

「私ね、目が見えないんだ。だから字を読むのではなく点字を読むね」

朗読をする前にそう話す川島さんは、まるで子どものように純粋で透き通った心の持ち主。

病院へ向かう途中で、私の尊敬する盲ろう者のバリアフリー研究者、東京大学教授 福島智さんが確か川島さんと同じ盲学校出身だったことをふと思い出し、

「ねえ、福島智さん知ってる?」

と聞いてみた。

「あ、トムのことだね?」

「えっ、トム?」

「そう、英語の授業で一人ずつ名前をつけることになって。智は『とも』とも読むからトムになったの。あ、福島くんは同じクラスで隣の席だったのよ」

そうだったのか!なぜ今まで話題にならなかったんだろう。と時間を無駄にしたような気持ちになりました。

福島智さんの著書、「僕の命は言葉とともにある」

は私にとってバイブル。手放せない大切な本。

試験のたびに「福島くん」に教えてもらって100点近くとる川島さん、片や当の福島くんは昭恵さんほどは点が取れなかった話など、楽しかった盲学校でのエピソードをたくさん聞かせてもらいました。

「恵里さんにもいつか福島君に出会えてもらえたら嬉しいです。私の自慢の友達ですから。友達の友達は友達てな歌がありましたよね」

と川島さん。

いつか会いたい。そして指点字の発明によって福島さんのことばの世界を広げた福島さんのお母さんにも会ってみたい。

興奮冷め止まぬうちに活動が始まりました。

言葉の出ない子どもにも、ゆったりと話しかけながら何かしらの反応を待ち、空気の動きを感じとると、じゃ読むねと言って1ページごとに「めくるよ」と声かけするのが川島さんのスタイル。

「今日の子たちはあまり声は聞かせてもらえませんでしたが、時折反応してくれる声に、一緒に楽しんでもらえていることを確認でき、嬉しかったです。

相手の顔が見えない私には、声が聞こえないと時々楽しんでもらえてるかなと不安になる時があります。

そんな時、一緒にいた松本さんや保育士さんが『いい笑顔になって聞いていたよ』

と教えてくれると、安心して嬉しくなります。

そして、そういう反応を貰えない時にも、心は一緒に楽しさを分かち合えてると信じています」

と感想をメールしてくれました。

いつでもどこまでも心の美しい川島さん。

今日も病室に、魔法にかけられたみたいに穏やかな心地よい風が渡りました。

互いに

ありがとう

と言って、手を振りました。

美しい心に出会えた日。

今日も少し心が綺麗になったみたい。

~なぜ勉強するのか 2~

4/26投稿のブログ「なぜ勉強するのか」で、学ぶことの意味を物事への共感をテーマに綴りました。

沖縄の久米島へ留学している高校2年の息子が、週末に受けた「なぜ勉強するのか」についての集中講義の様子について寮のブログに投稿しているのて紹介します。

久米島高校 離島留学生の日々~「佐藤優氏講義をきいて」~

講師は作家、元外務省主任分析官の佐藤優氏。  母親が久米島出身であることもあり、数年に一度久米島の高校生に講義をしています。

まず

「なぜ勉強するのか」

を生徒に投げかけ、

「未来を生きるための歴史授業」

というテーマで、学ぶことの本当の意味を講義したそうです。

その中で、佐藤氏がお母さんの戦時中の体験を聞き教わったことを具体例として語られたそうです。

戦時中、軍属にいてガマ(琉球の言葉で洞窟を意味します)に身を隠した時の出来事。米兵に見つかったら手榴弾で自決するよう軍から指示されましたが、一緒に壕にいた学生の兵隊から「死んではいけない。捕虜は殺してはいけないと国際法で決まっている。生きろ!」と言われ、壕から出て命をつなぐことができたといいます。戦前に国際法などを学んでいた学生のお陰で生きながらえたわけです。

学ぶこと、知識を持つことは命にも関わることさえあると学んだと綴っています。

どんなに時代が変わっても信じられるのは自分が学んだこと、学問だけ、だから学ぶんだ、と佐藤さんは説いたそうです。

親元を離れ、都会を離れ、さらに生きた授業を受け、自分が成長していることを実感する息子を誇りに思います。

大自然の中で、都会の慌ただしさの中で得られなかった感動が自分を育ててくれるとも。そんな中で、

「未来を生き抜いていくためめの学問を学ぶ旅」

は続く、と。

学ぶとは・・?

「知られることを待っている何か」と共感すること・・知らないことと仲良くし、共同作業することで、文化や芸術を生み出す。そして他人と共感し社会の役に立つことにつながる(「なぜ勉強するのか」)。

私がこの言葉により、ストンと腑に落ちたように、彼も、まるで霧が晴れたような清々しさを味わっているだろうと、母として晴れやかな気持ちになりました。

久米島高校 離島留学生の日々~「佐藤優氏講義をきいて」~