知床五湖ウォーク~一路摩周湖へ

昨日は海から一望した知床半島。知床野営キャンプ場を後にして、今日は半島に点在する5つの湖を歩いて満喫しました。それぞれ違った顔を持ちながらも共通点は幻想的な風景。水芭蕉や蓮、苔や白樺、高山植物の織りなす多様性。うっとりと鑑賞しながらも熊を寄せ付けない為に鈴を鳴らすことは忘れません。熊たちの生息地にお邪魔しているという謙虚さが必要、というガイドさんの説明は説得力がありました。

湖写真

幸い熊には遭遇することなく、かわいい野生動物に今日も出会えました。

 

阿寒湖へ向かう途中のさくらの滝ではますの遡上が圧巻! 産卵のために荒々しい滝を逆に登っていくのですから人間の母親同様、母は強したくまし・・です。

 

神の子池にも立ち寄りました。摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできていると言われていて、「神の子」池と呼ばれています。

そして締めくくりは裏摩周湖。

知床から絶え間なく沿道に咲く花はエゾシシウド。漢字表記では蝦夷の猪独活と書くようですが、反してかなり大掛かりな群生がその生態。摩周湖周辺には「知床旅情」で知られるハマナスの花も咲き乱れていました。

 

ジャガイモの産地、清里の道の駅オートキャンプ場で今夜は過ごします。

ナイトキャップは清里名産ジャガイモ焼酎「清里 樽」。

〜知床の大自然に抱かれて〜

世界自然遺産知床にやってきました。新潟からフェリーで小樽へ。そして一気に足寄、斜里、知床へと車を走らせました。半島の先へは、唯一の方法、観光遊覧船で。雄大な知床半島を一望しました。

カモメも誇らしげ。この先に雄大な知床半島が続いています。

オホーツク海に約70km突き出た北海道北東部の先に位置する知床半島。国定公園に指定されたのが1964年。知床の海は冬は流氷に覆われ、流氷がプランクトンを運び、それを魚が食べ、鳥たちもその恵みを受け・・。魚がふるさとの川をのぼってヒグマなど陸の生物の食料になるという、海、川、陸にまたがる、一大植物連鎖が四季を通して見られます。このような知床独特の生態系からなる命の循環と、生物の多様性、自然を守る地域の人々の取り組みなどが評価され、2005年に世界自然遺産に登録されました。

小さく見える建物が漁師さんが漁の途中で一時滞在する宿泊施設
海鳥も旅の途中で岩場に一時滞在

自然保護活動の傍ら、名産のさけやますの漁が行われ、遊覧船からは漁師さんが一時停留するための宿が海岸線に沿って点在していました。期間限定とはいえ、厳しい自然の中、人里離れた場所で暮らすのはさぞ孤独だろうなと、その生活を想像してみる。誇りと自然への畏敬を胸に、共生を実現させているんだな、と土地の人々に尊敬の念を抱きました。

硫黄岳の大噴火によってできた奇岩が並ぶ海岸線
知床岳や硫黄岳などから湧き出る岩清水や滝が続く

遥か古代、様々な民族同士の争いを経てアイヌ民族が生き残り、独特の文化が発展、そしてアイヌ民族と大和民族 が交流を始めたのは、鎌倉時代からだとその時代の古文書に書かれているそうです。

キャンプサイトに戻り遊覧船での紹介アナウンスで知った知床を復習してみる。ここには臆せずシカたちが草を食みに来るし、キタキツネも姿を見せてくれました。そして家族でキャンプする風景もあちこちに。

人間好き?それともキャンパーのおこぼれ目当て?

子どもたちが自然の中でのサバイバルを父や母に教えてもらっている。なんとかテントを一人でしまえるようになって誇らしげに微笑む少女の様子をぼんやり見ていると、手付かずの大自然にはやっぱり子どもが似合うな、と。何か共通の、本物の美しさを感じます。子どもたちが生まれ持つ豊かな感性と素直さ、たくましさが、大自然の憧れを胸に秘めた気高さにも見えます。何か原始的な美しさに感動するたび、心に思うのは子どもたちのこと、知床の大自然の中でも改めて確認した今日いちにちでした。締めくくりは最高の夕日。

認定NPO法人として認定されました!

スマイリングホスピタルジャパンは東京都認定の「認定NPO法人」になりました。改めまして、これまでいただいた皆様のご支援の賜物と、深く御礼申し上げます。

これにより、当団体へご寄付をいただいた場合、寄付金控除等の税の優遇措置を受けることができます。その仕組みについては改めて投稿いたします。引き続き、ご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

認定NPO法人として認定した旨の通知書

認定期間:平成29年7月27日 ~ 平成34年7月26日

認定の有効期間は5年。これからは5年後の更新を見据えた運営と書類の準備が必要になります。

🔳認定NPO法人とは

① 広く一般から支持を受けている
② 活動や組織運営が適正に行われている
③ より多くの情報が公開されている

といった点から、NPO法人のうち、一定の要件を満たし、より公益性が高いと所轄庁(都道府県又は政令指定都市)から認められた法人です。

具体的な要件としては以下のようなものが挙げられ、全国で51,629団体のNPO法人のうち1,022団体、全体の約2%弱が「認定・仮認定」を受けています。(H29年6月30日現在)

  1. パブリックサポートテスト(通称PST)に適合すること  事業活動において、共益的な活動の占める割合が、50%未満であること
  2. 活動の対象者が特定されていないこと
  3. 運営組織及び経理が適切であること
  4. 事業活動の内容が適切であること
  5. 情報公開を適切に行っていること
  6. 事業報告書等を所轄庁に適正に提出していること
  7. 法令違反、不正行為等がないこと
  8. 法人設立後2事業年度を経過しているか

認定NPOに関する詳しい情報は、下記をご参照ください。

内閣府NPOホームページ

東京都NPOポータルサイト

Smiling Hospital Japan Official Website

アートないち日〜大阪編〜

新規導入の打ち合わせや初回の活動見学のために、北海道から九州までホイホイ足を運ぶのも代表の仕事。

今回は大阪豊中市にある児童デイサービスPrimo、阿倍野区の大阪市立大学病院の2つを訪れました。まずPrimoについてはしっかり者の大阪地区コーディネータ西純江さんが導入の打ち合わせを前もってしておいてくれたので、訪問直後から自然に活動が始まりました。

音楽療法士の金愛利さんのピアノ伴奏で緩やかにスタート。「はじめまして」の歌に合わせて打楽器奏者の西さんが一人一人にハンドドラムを回し、子どもたちが順番に鳴らして自己紹介。そのあと、ウインドチャイム、太鼓と続き、最後はトーンチャイムを使って「にじ」の歌でリラックス。

こんな場面もありました。

Aちゃんは注目されるのが嫌だったのか、知らない人がたくさん来て何が始まるのだろうと不安そうでしばらくは背中を向けていました。始めの挨拶の歌では楽器を拒否し、下を向いて体を丸めていましたが、ウインドチャイムの音色に惹かれ、手を伸ばして楽器を鳴らしてから心のバリアが解けた様子。そして、突然松本の方へ向かって飛んできて抱きついてくれました。西さん、金さんにもしっかりとハグをしたあとはもう、どんどん楽しくなって笑顔が止まりません。ピアノの横に立ち金さんと連弾、時には踊り、ノリノリのリズムを取って音楽の中で自由に自分を表現していました。

年齢が小1から高校生までと幅広く、重度のお子さんもいたりと、選曲も難しそうだと直感したけれど、その場にあった音楽活動を瞬時に組み立てた二人、さすがプロ!と今回もアーティストの技に感動のしっぱなしでした。
Primoではこのような活動がまだまだ少ないようでスタッフさんもとても喜んでくださり、子どもたちが笑顔になるたびに写真撮影などで忙しそうに、そしてはしゃぎながら記録を取っていたのも印象的。そんな大人をもしかしたら子どもたちはやれやれ・・と見ていたのかも!

子どもたちと音楽を楽しんだあとは、関西のアーティストを一人一人思い浮かべながら得意げに活動を紹介した大阪市立大学病院でしたが、こちらは昨年感染症の院内事故があってからさらに感染対策が厳しくなり、2度の抗体検査が必要であることなどの説明を聞いて、気持ちが萎えそうに・・。でもすぐに西コーディネータと顔を見合わせ、やりましょう!。ここからはコーディネータがリーダーシップを発揮して、待っている子どもたちのためにエリアスタッフが一丸となっていくのみです。代表から地区コーディネータにすっかりバトンタッチの瞬間です。

夕方は都合のつくアーティストが集まってくれ、プチ懇親会。バスケットボールパーフォーマー・フリースタイラーのNARIさん、大道芸人あざーす・のずさん、そして一日中つきあってくれた西さん。ちょこっとテーブルマジックもあり、ライフワークとしてのアートに対する想いなんかも熱く語ってくれた若者たちに囲まれた、今回も幸せな出張でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!人口知能について考えた!

人工知能(AI)の進化に伴い、これからの子どもの教育現場はどう変わっていくのでしょうか。

私が子どもの頃・・・やっと家庭に白黒テレビが普及され始めた頃・・・は漫画の世界に入ってうっとり憧れ、ありえないこととしてどこか安心して空想を楽しんでいた、平和な古き良き昭和。実はじわりじわりと開発が進んでいて気づいたらものすごいスピードで科学が進化している! VRの出現に驚いたのはつい最近で、時を置かず今では多くの企業で顧客への商品イメージ作りなどに使われ、アトラクションとしてもそこここにあります。スマホどころかロボットまでが当たり前の社会になりつつあります。このままだと人間が創ったはずの文明に、人間が支配されてしまう!? SF映画を想像してしまいます。

知識を詰め込むだけの教育ならAIの存在は教育者にとっても脅威となります。しかし、数値や分析、知的情報処理システムの先にある、コンピュータが判定した結果をどう判断し、どう活用するのか、それはAIには決してできない役割であり、これまで以上に人間力を試されることになるのではないでしょうか。「知識」の価値自体が下がってくる、という意見ももっともで、人間性の向上や社会貢献・・逆説的かもしれませんが愛とか真心とか生きる意味なんかがこれからの教育の柱になるのでは?

ということはITこそ、新しい価値を生む存在とも言えます。

また、

ITこそ、日常生活になんらかの困難を抱える人の力になるべきである

と常日頃思っています。

私事ですが、交通事故の後遺症で右手で細かな作業ができず書字作業に苦労しました。17年も前になりますが、教員免許をとるためにレポートを作成したときの事。あのころPCを使うことが一般的であったなら、と。左手でなんとか仕上げたレポートがあまりにも乱筆だったため、大学の先生に真面目にやりなさい、などと叱られたとき、訳を伝えると最後の一枚まで大変だろうけど、頑張れ!と激励の言葉をもらいました。ワープロでいいよ、と言っていただけたらなお嬉しかったけど。

来年からはじめる在宅学びサポート事業はまさに重度の障がいを持ち自由に動けない方たちの学習をITや様々な支援機器を使って支えようというもの。

技術の進歩が、とにかく先へ先へ、新しいものへと駆り立てるのではなく、困難を減らしてよりよく生きるためのツールとなること、人間には危険とされる作業への活用〜現在なら原子炉の水中ロボットなどがこれにあたるでしょうか〜も含め、平和利用にのみ発達していくことを願って止みません。