ホームページリニューアルに寄せて✏️

兼ねてから念願だったリニューアル・・

大幅なデザイン変更は3回目です。

設立してから7年と経たないのに3回とは

随分わがままなものです。

最初は企業のHPを思わせるような硬いイメージでしたが

何より

設立した団体のホームページの完成の瞬間は

天にも昇るような気持ちでした。

子ども支援の団体ですから

”可愛さ”

”優しさ”

をイメージして

本当ならトップページに子どもの笑顔が欲しいところでしたが

それはもう少し実績を積んで

是非使って、と言われるまでは我慢。

その代わり2回目のリニューアルは

代表自ら描いたイラストを

トップページに飾りました。

5歳児にも負けるアート?です。

それでも案外好評で

なかなか良い

と言ってくれる人も少なくありませんでした。

自分のイラストがHPに!

これもまた

夢のようでした。

しかしだんだんと

「何をやっている団体か一目ではわかりにくい」

「インパクトが薄い」

「文字が多い」

などの指摘を受け

昨年春ごろから

少しずつ再リニューアルに向け動き出しました。

プロボノで引き受けてくれるところを探しても

期間限定の場合が多く

HP作成は時間がかかる

SHJのHPへの意図がまとまっていない

寄付を募ることを主体とするのか

または

あくまでも内容を知ってもらい認知度を上げるのが主目的なのか

内部でもなかなかまとまらない

・・・・・

そんな中

ある方が長期でプロボノを申し出てくれ

試作してくれたのが

”ランディングページ”なるもの。

それまで

ランディングページ

というものを知りませんでした。

どこから見ても

寄付してください!

というメッセージが伝わるものでした。

大きな団体のHPのようにとても立派。

しかしSHJには背伸びしすぎの感あり。

  あなたの寄付が必要です

  毎月1000円で気軽に支援

  マンスリーサポーターになりませんか

などというフレーズが

なんともしっくりこない。

それもそのはず

スマイリングホスピタルジャパンという団体は

寄付をダイレクトに募るというより

まずは

活動を知ってもらう段階にあり、

それを経て自ずと寄付が集まるのが理想だというのが

スタッフの共通した見解でした。

賛同や共感を生み

見る人に

どうしたら闘病中の子どもや

重い障がいと闘う子どもたちを

一緒に支援していけるのか

を考えてもらうための

資料としてのホームページ。

これこそ求めているスタイル。

そしてできたのが今回のサイト。

トップページの男の子は

私が院内学級にいた頃の生徒です。

SHJ設立のきっかけやヒントをくれた恩人です。

入院中は

辛くたって楽しいことを見つけては

とびきりの笑顔を見せてくれていました。

SHJのイメージにぴったりと、

この写真を

テーマソングができた時に作ったPVに

そして

今回HPでの使用にも許可をいただいて

使わせていただきました。

この笑顔が大好きでHPを見るのが

楽しみになります。

これからも活動の発展に合わせて

HPも進化し続けます。

現在、英語ページのリニューアル作業中です。

Smiling Hospital Japan Official Webisite