現場を惹きつける参加型アート!

活動を開始するときは

看護師長さんやドクターから直接依頼のメールがあったり

こちらからボランティア申し込みをしたりと

病院によって様々です。

詳しく聞かせてください

という連絡をもらって

資料を揃えプレゼン、という形もあります。

お話を聞いてから

または1回活動いただいてから定期活動を決めます。

という病院も。

来月、訪問を開始する千葉大学医学部付属病院は

千葉県で2つ目の活動場所です。

そう、昨年秋に始まった

ドクターX ~外科医・大門未知子~第4シリーズ

のロケ地

だそうです。

トレンディドラマ初め、

テレビ番組はEテレ以外疎いので

とくだん、そうと知って胸が踊った・・

ということはないのですが

建物の立派さには圧倒されました。

話を戻します。

この千葉大学病院も

活動を導入するかしないかは別として

話を聞かせてほしい

といったスタンスで

訪問を待ってくださっていた・・・

と、勝手に思っていました。

ミーティングのメンバーは

小児科看護師長さんと病棟保育士さん2名

そしてSHJからは

千葉地区コーディネーターの北畠みゆきさんと私。

SHJの活動を取り入れる、

ということは前もって送った資料を見てすでに決定とのこと。

「最初は3ヶ月に1度くらい、

と思っていたけれど、

話を伺ううち、毎月お願いしたくなりました」

と看護師長さん。

決め手は

「参加型アート」

~プロによる芸術活動が劇場型ではなく

一緒に活動する参加型である~

というところに

師長さんも保育士さんも

「なかなかない活動ですよね。子どもたち、

喜ぶわ! お母さんたちもね。

プロって演奏して聴かせて帰っちゃうのが普通でしょ」

とニコニコ期待感いっぱい。

年度が変わったタイミングで・・

などといっていられない、

さっそく来月からお願いします!

ということになりました。

というのも

年度が変わると師長さんは他の病棟へ異動することが決まっているので

せめて1度だけでも体験したい!

というのも急ぐ理由のひとつ。

子どもたちに混じってはしゃぐ師長さんの姿が

一瞬で目に浮かびました。

プレイルームではもちろん

ベッドサイドにも足を運ぶボランティアはいないそう。

ベッド上で安静が必要な子どもも対象なんですね、

と目を輝かせていました。

ベッドサイドへとお願いしても

ボランティアさんたちは抵抗があるのか

遠慮して帰ってしまうんですよ。

とも話していました。

これほどまでに期待されていることがうれしく

私たちのこだわり

”参加型のプロフェッショナルアート”

が意義あるものだと改めて確認できました。

翌日保育士さんから頂いたメールです。

”参加型の活動にとても魅力を

感じました。

また、ベッドサイドでの活動もなかなかできないので

是非お願いします!”

プロの芸術でありながら

劇場型でなく

一緒に楽しむSHJのスタンスは

どの病院や施設でもSHJならでは!

と好評を得ています。

”参加型のプロフェッショナルアート”

決して譲れないこだわりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

千葉地区活動ブログ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook