〜子ども食堂〜

子ども食堂支援のために品川区が「子供食堂MAP」を作成、配布を始めたという新聞記事(11/21東京新聞朝刊)を読みました。

子どもの7人に1人が貧困、栄養源はもっぱら学校給食に頼る家庭も多いという。

そんな現状をなんとかしようと、全国で「子ども食堂」が展開されています。

飲食店主、NPO法人、宗教団体などがボランティアで運営、食材もフードバンクなどNPOによる支援やその他寄付でほとんどが賄われているといいます。

市民の力でこの動きが全国展開していることはとても素晴らしく、子どもは未来を創っていく宝、地域で支えなくては、という意識が形になっています。

しかし、市民活動としてこれほど盛り上がる背景は何でしょうか。

本来、国民を飢えさせない、というのは国の仕事のはず。

これほど子どもの貧困が広がっていて、それに対して民間が問題解決に奔走している。子ども食堂が草の根の対症療法とするなら、国は貧困問題に対して体質改善をすべき立場です。

国がやらないなら自分たちで、と国民がそこまで政治に期待しなくなった表れかもしれません。

そんな中、東京都品川区は食堂の広報や啓発活動の部分を引き受けている、ということでしょう。

ここで、国は子どもの貧困にどう向き合っているのかを知りたくて、

平成26年8月29日に閣議決定された

「子供の貧困対策に関する大綱」

を読んでみました。

~ 全ての子供たちが夢と希望を持って 成長していける社会の実現を目指して ~ 

とのスローガンのもと、

子供の将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、 また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図る子供の貧困対策は極めて重要である。 そうした子供の貧困対策の意義を踏まえ、全ての子供たちが夢と希望を持 って成長していける社会の実現を目指し・・・。

理念と9つの方針が明文化されていますが、具体策や国としての姿勢、予算については、偏りや曖昧さがあるようです。

教育面の予算はある程度ついた?生活そのものを支える制度やサービスに対する予算は?

ここでも文科省と厚労省の間にある垣根のようなものが存在しているばかりでなく、そのために支援に取り組んでいる個人、団体がなかなか協働しにくく、一枚岩ではいかない現状も垣間見られます。 

子供の貧困対策に関する基本的な方針の中に、

・貧困の世代間連鎖の解消と積極的な人材育成

・教育費負担の軽減 

・生活の支援

・保護者の就労支援

・官公民の連携

などがありますが、今回の品川区のケースは、官公民の連携(国、地方公共団体、民間の企業・ 団体等が連携・協働して取り組むとともに、積極的な広報・啓発活動等によ って国民の幅広い理解と協力を得ることにより、国民運動として展開してい く必要がある)

を受けたものでしょう。

子供の貧困対策に関する大綱について(一部) 内閣府HPより

理念は大事、しかし貧困対策には制度面での見直しなど時間がかかる・・!!??

それならズバリ!

目の前の子どもたちのために、国が食材の調達を!

障がいを持つ家庭の現状についての投稿(10/18)に続き、

市民の善意に甘えていないか・・再び!

「子供の貧困対策に関する大綱」(平成26年8月29日閣議決定)内閣府ホームページより

〜私の先生たち〜

障がいとひと言で言っても、先天性か中途障がいかで、本人、家庭の受け止め方は違う。

教員時代。最後に受け持った児童は、交通事故で負った脳挫傷のために、脳の損傷が著しく、意識が戻ったときには自立呼吸はできるものの、身体の硬直がひどく、光への反応がわずか、という最重度の障がいを負った女の子だった。

それまで当たり前に元気に走り回っていた我が子を突然襲った不運。

家族はこの突然の苦難をどう受け止めたのか。

まだ現実を受け入れられないでいる家族に、

バギーのサイズは? 

入浴の時間は?・・・

と現実はいつも土足で踏み込んでくる。

退院後の生活は?バリアフリーの住居探しを始めなくては。学校は?

病室に常に詰めている家族とケースワーカーとの面談。そしてその中での授業。

彼女のために、家族のために、何ができるか・・。

家族、医療者の次に近くにいる教員としての私。

それまで何度もいろんなケースにぶつかりその都度大切なことを教えて貰ったつもりだった。

でも一人ひとり違った困難に対して自分にできることをもがき模索する日々は続いた。

子どもたちというたくさんの先生に教えられ、鍛えられてきたのに、自分はちゃんとそれに応えて成長できているだろうか。

毎日が試される思いだった。

そして退職を決めた後に受け持ったこの女の子のことはやはり今でも気になる。

しばらくして、元の職場に行く用事があった。すでに退職しているから病棟へは入れない。子どもたちに会いたい気持ちを抑えながら廊下をいそいそと歩く。が、ふと見ると笑顔のお母さんが女の子に何か話しかけながらバギーを押している姿があった。あの頃とは違う、二人の表情は穏やかそのもの、窓から差し込む日差しの中、対話を楽しむ姿にどれほど安堵しただろう。

「あ、先生。いろいろお世話になりました。そろそろ退院です。元気にしています」

表には出さない苦労がある。でも表に出すにはあまりあるほどの眩しさを感じたのは確かだった。

今年は中学生になっている頃だ。たくさん学んで自分の世界を広げているといい。

父母は我が子に学び、兄弟は他人の痛みに寄り添える思いやりを育み、互いに支え合って暮らしていることだろう。

生徒たちのこと、お母さんたちのこと、今どうしているかな、といつも思う。

〜生活・アート・子ども〜

我が家のリビングを飾る油絵の作家、野沢二郎氏の個展へ。

水や風をテーマにした抽象画は空気のようでもあり、逆に生活の中のエッセンスでもあり。

孫たちにとっても、幼い頃から生活の場にアートがあること、そしてそれを大切にするばあばの暮らしが、少しばかり感性を磨く糧になればいいな、とも思っています。

水面に映る多彩な情景をダイナミックに描く野沢氏。水面には常にきらきらと変化する表情があり、光と色の移ろいを見ることができる、と語っていたことが印象的です。

銀座のコバヤシ画廊で個展を開催されるたび、欠かさず見に行っていますが、野沢氏の活動はとても幅広く、2012年、千葉県佐倉市にある川村記念美術館で開催された展覧会「抽象と形態:何処までも顕れないもの」で、モネの「睡蓮」(1907年)と並べられて野沢氏の「Water Surface/薄日」(2009年)が展示されたのは、まさに彼の才能の証です。

友人に誘われて行った個展でただただ気に入って絵の前から動けなくなるほどの衝撃の末、購入を決めたのがその数年前。自分の審美眼もまんざらではないな、とぞくぞくしたのを覚えています。

野沢氏の子どもアートワークショップの見本(右)。ペンギンの腹にSmiling Hospita Japanと粋なはからい。左は一緒に送ってもらったキットで作成したもの。

コバヤシ画廊では、野沢さんはもちろん、他にも個性的な作家と出会います。

今回の出会いは、造形作家の 西成田洋子氏。古着やバッグ、靴など身の回りの廃品を素材にユニークな表現をしていて、先週、コバヤシ画廊で個展を開催されました。

作品の話から子育ての話にまで発展。

子どもは大人より遥かに感性が豊かでごまかしはきかない。子どもだからこんなもんでいいだろう、は大人にとってとんだ落とし穴だと。

同感、同感。子どもの素晴らしさを語るうち、アートと子どもをテーマにしばし話し込みました。

■野沢二郎個展 Blowin’ Within  Gallery Kobayashiにて開催中 11/25まで 

野沢二郎 | artists | GALLERY KOBAYASHI | コバヤシ画廊

Gallery Kobayashi 

西成田洋子 Facebook

〜アシスタント研修@似顔絵の会@日赤〜

SHJ新アシスタントの研修のため日赤医療センターでの活動に参加しました。

日赤では活動回数が多いため、アシスタントが複数必要です。

ボランティアは常時募集していて、月に1度、東京ボランティア市民活動センターにて説明会を行っています。

応募してくれたのは保育士の奈良百恵さん。

笑顔で研修中!
プレイルームで、個室で、それぞれの場所で注意することや工夫を。これは真剣!

私とは親子ほども離れているけど、保育士ということもあり、子どもへの寄り添い方は確かなもの。

ついつい孫の成長についてまで、気がかりを相談。初めての現場なのに、頼りになる方だとすぐにわかりました。

活動は絵本挿絵家 水野ぷりんさんの「似顔絵クロッキー」

ぷりんさんの報告書から・・

似顔絵もモデルなんて初めての子供たち。初めは恥ずかしがっているお子様も多かったのですが出来上がると、気に入ってくれた様子、にこにこしてくれて嬉しかったです。「ボランティアってありがたいですね」とおっしゃってくれたお母様もおいででした。なかなかお顔を見せてくれない男の子の時にスマホで写真を見せてくれたお母様。助かりました。付き添ってくださった岩井さんが、とてもおしゃべりがお上手。子供たちの気持ちをほぐしてくださるので、私は、絵に集中できました。有難うございます。

どこの病院でも「入院中に似顔絵を描いてプレゼントしてくれるなんて!」と喜ばれているぷりんさん。

優しい優しい笑顔で話しかけながら観察して特徴を掴み、最初のタッチからみるみる仕上がり表情までもそっくりに。

「そっくりに描いてくれる」のも嬉しいけど、仕上がっていく過程を見ているのもウキウキ。仕上がる程に、子どもの表情がやわらくなります。最初からきゃっきゃとはしゃぐ赤ちゃんも。

柔らかい作風に癒され穏やかな気持ちに。皆さん、決まったようにベッドサイドに飾ってくださいます。

日赤アシスタントの岩井眞知子さんからは、活動で一緒になるたび、子どもや親御さんへの寄り添い方について多くを学んでいます。

患者さんへのみならず、アーティストへの労いも忘れません。活動が終わるとジップロックにおやつを詰めて「はい、お疲れ様」。

アシスタントの力。

最初は怪訝な顔をしている子どもたちが笑顔になる変容は、アーティストだけでなく、アシスタントの力もとても大きいものです。

これはどこのアシスタントも同じ。穏やかさと相手の立場を慮る洞察力を誰もが持っている。

それもSHJの自慢のひとつです。

水野ぷりん絵本Work

Smiling Hospital Japan Official Website

~学びの秋~

学園祭の秋。

都立特別支援学校の学習発表会に行きました。

毎年見学していますが、SHJを始めてから重心の子どもたちへの関わり方に団体としての課題が高まっているせいか、

子どもの実態に則した教員の動きが自然と見学のポイントになりました。

印象に残ったのが、

「方法を工夫さえすれば全ての人が学びを深め、自分の世界を広げていける」

という理念を教員同士が共有しながら困難さに寄り添う関わりを徹底しているグループの発表です。

このグループは最重度と言われる重症心身障がいの高校生のクラスです。

生徒自ら学べる環境を作るため、教員は本人とやりとりしながら一人ひとりをよく観察します。そして身体のどの場所が意図的に動かせるのかを見極めます。

その自発的な動きで最大限意思を表出できるよう、音声出力補助装置VOCA*や、一つのスイッチのオンオフでパソコンを操作できるよう工夫した支援機器、

働きかけながら目と手の協応を引き出す教材教具、

そして始点と終点がはっきりしていて自分の手の動きに対して明確なフィードバックがある教材

を作成し使用している日頃の授業の様子を発表していました。

とかく見た目で「わからないだろう」と思われがちの重心の方たち。

正直なところ、SHJの活動でも、アーティストたちは、

「見えているのかな」

「聞こえているのかな」

「言葉を理解しているのかな」

・・・・・・

とわからないことだらけでした。

院内学級にいた私も、特別支援学校の教員でありながら教科指導をしていたこともあり、重症心身障がいの子どもたちとの関わり方にいつも戸惑っていました。

特別支援学校教員免許を取った時に勉強したはずなのに、その内容は何一つ活かせない。

目の前の子どもの力を引き出せない非力さ・・申し訳ない気持ちを教員を辞めるまで引きずりました。

ところがこのグループの実践は環境さえ整えばできないことは何もない、という考え方のもと、生徒たちに寄り添います。

そうだったのか。これまでの自分の無能さにハンマーで頭を叩かれたくらいの衝撃と、安堵が。

今年の3月のSHJ全国研修・交流会にて講演を依頼したのが、この方法を実践している特別支援学校の教員でした。

その内容が、ベッドサイドでの活動に活かせる!と、反響が多かったことから冊子にまとめました。

今ではSHJのアーティスト、アシスタントが、活動場所までの道中ヒントを再確認している、ハンディでいつでも手にとれて便利、と活用しています。

重症心身障がい児者と関わる現場や普段の生活の中で触れ合う機会に大変役立つヒント満載で、全国から送って欲しいという依頼が続いています。

ご希望、お問い合わせは事務局まで。

毎年、とても勉強になる学習発表会。

学びの秋。生徒たちの学びへの意欲が爽やかな気持ちにさせてくれます。

来年も楽しみです。

VOCA = Voice Output Communication Aid 「音声を出力するコミュニケーション機器」ビッグマックなど声を録音してスイッチで再生できる機械や、トーキングエイドなど発話機能がある機器を指す。

Smiling Hospital Japan 事務局アドレス info@smilinghpj.org

Smiling Hospital Japan Official website