SHJヒストリー はじまりはじまり〜!

Smiling Hospital Foundationは2004年、ハンガリーで始まりました。松本が勤務していた米国銀行Chase Manhattan Bank(現JP Morgan Chase Bank)の退職者会のつながりで、日本に9箇所目のスマイリングホスピタルを作ろうというプロジェクトが舞い込んできたのです。遠く離れた場所でいつの日か運命の糸が繋がっていました。設立者Albert Royaards氏は銀行を辞め、弁護士として活動する傍ら、病院の子どもたちにアートを届ける活動を始めました。松本がちょうど院内学級の子どもたちとの生活にのめり込んでいた時期です。自分がまさにやりたかったこと、自分がやらずに誰がやる?、と瞬時にSmiling Hospital Foundation in Japanの立ち上げを決意しました。Royaards氏から「病院の子にアートを」というアイデアをもらい、そのあとはメールで意見交換。活動場所として赤十字社の国際部へ、それと資金援助元としてFIAT(現 FCAジャパン株式会社)につなげてくれた彼からの支援をもとに、東京ボランティア市民活動センターに通い詰めでボランティア団体を立ち上げるための勉強の毎日でした。まずは任意団体として活動開始し、半年後の2012年12月にNPO法人を設立しSmiling Hospital Foundation in JapanからSmiling Hospital Japanとして独立しました。写真は、その翌年青山FIAT CAFÉで行ったチャリティイベント出席のために来日したAlbert Royaards氏。

最初に受け入れてくれた病院は神奈川県立こども医療センターでした。神奈川の病棟保育士の集まりでプレゼンをする機会を得、そこで手を上げてくれたのがこの病院でした。1年間はここで病院ボランティアのあるべき姿を学びながら活動、2年目に日本赤十字医療センターにて開始することになりました。その後1年は2つの病院で活動しながら他の病院へのアプローチを模索する日々でした。3年目からは勢いよく広がっていき、現在、北海道、宮城、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、広島の36の病院、施設、在宅で活動、7月は福岡の2つの病院で、8月は関東の3つの病院で開始します。

この広がりの源は、任意団体の頃からの途切れることないFCAジャパンからの支援(Share With FIAT)と2014年からの日本財団(TOOTH FAIRY PROJECT)からの支援。それから各地区のアーティストのネットワークが生きたこと。そして特筆すべきは各地区で名乗りを挙げてくれたコーディネータのリーダーシップが何よりの力となっています。アーティスト数は130を超え、活動アシスタントは10名となりました。運営は事務局4名で頑張っています。この先の成長も、SHJメンバー全員が子どもたちから学ぶことを忘れず、そしてたくさんの方に見守っていただいてこそ。これからもよろしくお願いします!

SHJ Official Website  http://www.smilinghpj.org/

〜ふと振り返りたくなった今朝〜

先日、久しぶりに活動のアシストをして、すっかり病院に受け入れられてきたな、と実感。それどころか、とても気持ち良く活動ができる居心地の良さから、つい子どもたちとはしゃいでしまった、その嬉しさから、これまでをしみじみ振り返っています。

今日は東大と神奈川県立こども医療センターの2箇所で同時に活動。東大は新聞アート「モンスターになろう!」の佐々木優子(ささゆう:左)さん、そして神奈川ではバルーンアートの中山仁美(瞳:右)さん担当です。こんな風に、多い時で5か所同時に全国どこかでSHJ!という日もあったりして、ずいぶん広がったなぁ、と、感謝をかみしめる毎日。

思えば、神奈川県立こども医療センターで始めた頃は見切り発車要素満載の中、当然、アシスタントもおらず、松本一人ですべての活動をアシスト。アーティストも2名から始めたので都合のつかない日は松本が「なんちゃってアーティスト」としてミサンガ作りやベッドに飾るネームプレート作り、英語遊びなどしたものです(「本物のアート」はとりあえず置いといて・・みんな、ごめん。)。懐かしいな〜。今ではそんな必要全くなし!安堵あり、寂しさあり。

2年目に日赤医療センターで毎週月曜日の活動が始まり、それを加えるとあの頃は、月に8回の病院通い。傍ら、会計(もちろん当時は手作りエクセル帳簿)等法人としての業務、スポンサー対応もすべてやっていて、立ち止まってふと考えると恐ろしくなるのでただひたすら前を見て突き進んでいた、という感じでした。それが、今ではスタッフも充実してこうしてブログを書く時間ももらえるようになり、感謝する毎日です。そんなこんなで2012年に開始して現在では北海道から広島まで36の病院、施設、そして在宅訪問も叶いました。今月は福岡で2つの病院、8月は関東で3つの病院にてスタートです。広がりはもう止まらない!?ボランティア募集中です。

振り返る余裕に感謝!子どもたちがくれた素敵なエピソードも少しずつ紹介していきます。

SHJ Official Website  http://www.smilinghpj.org/

〜久しぶりに活動のアシストをしました〜

助っ人アシスタントとして日赤医療センターへ。

真鍋麻里さんのオリジナル塗り絵はどこへ行っても大人気!コンセプトは「ありえない世界」。不思議な世界観へ引き込まれます。

「どの色にしようかな〜」子どもも大人もここからすでに夢中、そして塗りながら知らず知らずにおとぎの国へ。空想の世界に浸りながらも、「塗る」ことがこんなに癒されるのはきっと、枠があることで安心するからだ・・と冷静に!分析。この集中力は藤井4段に負けないかも!。

子どもたちの満足げな笑顔はいつでも最高!!助っ人要請、次はいつかな?

Mari Manabe Official Website   http://www.only-toomari.com

Smiling Hospital Japan Official Website

入院中の子どもたちの気持ち

ほんらい外で走り回って遊んだり、学校に行ったりお稽古へ通ったりなど、経験をたくさん積んで成長していくべきこどもたちが極端な制限の中で痛みと我慢、不安、孤独の毎日を強いられています。

自分が長期入院を余儀なくされるような病気に罹ってしまったことで、自分を責めます。痛みなどの辛さ、孤立への不安と恐怖に加え、自分のせいで周りに迷惑をかけているという自責までも彼らを苦しめます。

主に長期治療するこどもの病気としては白血病や脳腫瘍、糖尿病、心臓疾患などの難病で、長期入院を余儀なくされるこどもが全国に20万人、そして命を脅かされる状態のこどもが2万人いる、と言われています。

~Happiness Helps Healing~

楽しいと感じることや成長に必要な情操活動が極端に不足する日常を支える力になりたい、そしてそれが単なる気分転換の楽しい時間という枠を超えたものでなければならないと考えました。この理念のもと、「凄いアーティスト、本格的な芸術活動」を繰り返し届けているのが私たちSHJです。

入院してたから経験できた、普通に生活しててもこんな経験できないよね、という声をたくさんいただきます。入院を「−」と捉え補うのではなく「➕」に変える。そして「ワクワク陽気な気分は活力の増進につながり、治癒力を高める」ことが活動のもたらす効果と信じます。

闘病生活を辛かった思い出として封印してしまうのではなく、困難の中にあっても主体的に生活を楽しむことができたことにより乗り越えられた自信を糧に、新たな試練に出会った時、立ち向かう勇気につなげてほしいと願います。

Official Website  http://www.smilinghpj.org/index.html

藤井4段〜モンテッソーリ教育〜

今をときめく藤井4段。残念ながら30連勝はなりませんでしたが、その才能の開花ぶりには目を見張るものがあります。誕生日が同じ、というところに勝手に親近感を抱いていますが、それより何より、彼が幼少期に通った幼稚園がモンテッソーリ子供の家だということ。モンテッソーリの教育法やそれを確立させたストーリーに深く感動し、息子(現在26歳)を子供の家に通わせたという経緯もあります。

モンテッソーリ教育は、20世紀にイタリアの医師、マリア・モンテッソーリによって考案された教育法で、その基本には、「子どもは、自らを成長・ 発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を 保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない(マリア・モンテッソーリ著「子どもの発見」 より)」という方針があります。ここに藤井4段の並外れた集中力と成功の秘密があるようです。

日本でも全国に広がる子供の家ですが、0~6歳までが対象です。これに対して、欧米では中学校まであり、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、オバマ前アメリカ大統領など多くの世界的著名人がモンテの教育を受けました。

この方針は日本の教育課程に取り入れることは難しく、6歳までの教育現場でしか採用されていません。幼児期の教育が後々の基礎を作ることを考えれば十分という捉え方もありますが、「子どもの持つ『自分を成長させる力』を信じて自発的な活動を援助する環境」が与えられれば、子どもたちは目先の点数に縛られず、無駄な競争もなくなり、自立した幸せな人生を選択できるよう成長するのではないでしょうか。

これからもモンテッソーリ教育について時々触れていきたいと思います。

本物を大切にするというSHJの理念と重なるところも多く、子どもの教育を超えた、生涯教育、生き方・・などにも大きな示唆があります。