〜Sense Of Wonder〜 美しさ、神秘さにあふれる自然に入ってみよう!

 

Sense Of Wonder
~子どもたちへの一番大切な贈り物~
レイチェル・カーソン 著

大自然に抱かれ、大好きな「センスオブワンダー」を読み直してみたくなりました。
レイチェル・カーソンは、1962年に著書『沈黙の春』で農薬や化学物質による環境汚染や破壊の実体にいち早く警笛を鳴らしたアメリカの海洋生物学者です。

アメリカで半年間で50万部も売り上げ、後のアースディや1972年の国連人間環境会議環境保護運動のきっかけとなりました。

「センス・オブ・ワンダー」は、レイチェルが幼い子どもと一緒に自然を探索した体験をもとに書かれたエッセイです 。子どもたちと自然の中に出かけ、神秘さや不思議さ、美しさに目をみはる感性を育み、分かち合うことの大切さを伝えています。


子どもの頃は誰もが豊かに持っている「感じるこころ」。おとな達は誰もが「子どもたちにこころ豊かに育ってほしい」と願います。でも、大人たちは、子どもたちと感動を分かち合っているでしょうか。
人工的なものに満足して自然から遠ざかったり、自然に触れても知識を身につけることに気をとられ「感じる」ことをしなくなっているのではないでしょうか。
・・・大切なのは、まず「感じるこころ」を育み、輝かせること。

大好きなくだりをレイチェルの著書から抜粋します。

寝る時間がおそくなるからとか、服がぬれて着替えをしなければならないからとか、じゅうたんを泥んこにするからといった理由で、ふつうの親たちが子どもから取り上げてしまう楽しみを、わたしたち家族はみなロジャーにゆるしていました。ともに分かち合っていました。

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になる前に澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない<センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性>を授けてほしいとたのむでしょう。

この感性は、やがて大人になるとやってくる怠慢と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。

もし、あなた自身は自然への知識をほんのすこししかもっていないと感じていたとしても、親として、たくさんのことを子どもにしてやることができます。

たとえば、こどもといっしょに空を見あげてみましょう。そこには夜明けや黄昏の美しさがあり、流れる雲、夜空にまたたく星があります。

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。

子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。

人間を超えた存在を意識し、おそれ、驚嘆する感性をはぐくみ強めていくことは、どのような意義があるのでしょうか。自然界を探検することは、貴重な子ども時代をすごす愉快で楽しい方法にひとつにすぎないのでしょうか。それとも、もっと深いなにかがあるのでしょうか。

わたしはそのなかに、永続的で意義深いなにかがあると信じています。

以上、レイチェル・カーソン著「センス・オブ・ワンダー」から紹介しました。全文をすべての大人たちに読んでほしい。そして子どもたちと一緒に不思議に思ったり、自然の営みに感動したりしてほしい。きっと幼いころの原風景が蘇り、こころが動く瞬間が沢山得られると思います。

ヒグマ親子の足跡?🐾発見!

これは紛れもなく…

ここは釧路。3日目になりますが、国道では1日に一度はシカの親子が歩く様子が見られます。思わずカメラを向けると母親は子鹿をかばうように先へと促し、姿を消してしまいます。

釧路湿原にある達古武湖湿原を歩くとヒグマやシカの足跡と見られるものに遭遇します。けもの道らしき痕跡に親子のヒグマ?シカ?の足跡がくっきりと、そしてその先には水芭蕉の実を食べ荒らした跡が!

 

湿地帯や山道を歩くと動物や植物だけでなく、大自然の中に小さな昆虫の営みをたくさん感じることができます。

例えばオトシブミ。

オトシブミは1センチにも満たないとっても小さな甲虫。その小さな体をいっぱいに使って、驚くべき知恵を発揮しています。

メスは葉っぱを噛み切って丸め、その中に1つづつタマゴを生みます。

この丸められた葉っぱは

「オトシブミの揺りかご」

と呼ばれていて、幼虫が生まれた後に、外敵から身を守り安心して葉っぱを食べて大きくなれるように、という母親の愛情です。そして硬い葉脈にあらかじめ切り目を入れてからくるくると巻いていくなど大いなる知恵も備わるオトシブミのお母さん。小さな身体で、その身体ほどの大きさのゆりかごを作るのは大変!ひとつ作るのに1時間半もかかるそうです。母は偉大!

そのほか、原生林の厳しい環境にあって懸命に生き、子孫を残そうと頑張る小さな命の発見がありました。

どこにいても母の偉大さを、そして自立に憧れながら命いっぱい成長する子どもの健気さを感じます。

これ何だろう? どうしてかな?自然が作るすべては不思議で美しい。人間の手が及ばない大いなる自然に圧倒され、感動したり不思議に思うことで、日常忘れてしまう大切なことに気づくはずです。幼い頃の原風景にひたり、生かされていることに感謝して少しだけ謙虚な気持ちになります。

釧路湿原を行く!

日本最大の湿原を歩いてきました。釧路湿原国立公園のうち約1/3がラムサール条約に登録されています。

湿原は枯れた草木が低温のために土に吸収されず堆積されながらできた大地のことで、一年に一ミリずつ積み重なっていくそうです。釧路湿原の深さは約3m。ということはここ釧路湿原国立公園は3000年かけてできた広大な湿地帯ということになります。時間をかけて世界中から愛されるサイトに成長した釧路湿原。コツコツ地道な努力が実を結び始めたスマイリングホスピタルジャパンみたい!

ここでも可愛らしい動物の子どもが迎えてくれました。実際は怯えながら木道の陰からこちらを伺うコダヌキです。

ヒグマ出没最多勝の北海道。もちろん今日も鈴を鳴らしながらこちらの存在をアピールしてのウォーク。堂々と存在をアピールするのはヒグマも同じ。木道を歩きながら何度立派なうん○に遭遇したことでしょう。新鮮なものに出会うとニアミスだったことを感じ、ひやりとします。水芭蕉の実を食い散らかした後もそこここに。母親ヒグマがこぐまを連れている時は、我が子を守るために襲いかかってくるといいますが、母の身になると納得です。ああ、今日もヒグマの生活圏にお邪魔してます。

高山植物も目を楽しませてくれました

そして今日の締めくくりは釧路駅前の市場で買ったカニ。傷ものだからと半値以下で譲ってもらったカニだけど味は最高でした。ビールはなぜか、いえやっぱりオリオンビール。

夕暮れどき、ぼんやりと幻想的な湿原を散歩しました。

 

知床五湖ウォーク~一路摩周湖へ

昨日は海から一望した知床半島。知床野営キャンプ場を後にして、今日は半島に点在する5つの湖を歩いて満喫しました。それぞれ違った顔を持ちながらも共通点は幻想的な風景。水芭蕉や蓮、苔や白樺、高山植物の織りなす多様性。うっとりと鑑賞しながらも熊を寄せ付けない為に鈴を鳴らすことは忘れません。熊たちの生息地にお邪魔しているという謙虚さが必要、というガイドさんの説明は説得力がありました。

湖写真

幸い熊には遭遇することなく、かわいい野生動物に今日も出会えました。

 

阿寒湖へ向かう途中のさくらの滝ではますの遡上が圧巻! 産卵のために荒々しい滝を逆に登っていくのですから人間の母親同様、母は強したくまし・・です。

 

神の子池にも立ち寄りました。摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできていると言われていて、「神の子」池と呼ばれています。

そして締めくくりは裏摩周湖。

知床から絶え間なく沿道に咲く花はエゾシシウド。漢字表記では蝦夷の猪独活と書くようですが、反してかなり大掛かりな群生がその生態。摩周湖周辺には「知床旅情」で知られるハマナスの花も咲き乱れていました。

 

ジャガイモの産地、清里の道の駅オートキャンプ場で今夜は過ごします。

ナイトキャップは清里名産ジャガイモ焼酎「清里 樽」。

〜知床の大自然に抱かれて〜

世界自然遺産知床にやってきました。新潟からフェリーで小樽へ。そして一気に足寄、斜里、知床へと車を走らせました。半島の先へは、唯一の方法、観光遊覧船で。雄大な知床半島を一望しました。

カモメも誇らしげ。この先に雄大な知床半島が続いています。

オホーツク海に約70km突き出た北海道北東部の先に位置する知床半島。国定公園に指定されたのが1964年。知床の海は冬は流氷に覆われ、流氷がプランクトンを運び、それを魚が食べ、鳥たちもその恵みを受け・・。魚がふるさとの川をのぼってヒグマなど陸の生物の食料になるという、海、川、陸にまたがる、一大植物連鎖が四季を通して見られます。このような知床独特の生態系からなる命の循環と、生物の多様性、自然を守る地域の人々の取り組みなどが評価され、2005年に世界自然遺産に登録されました。

小さく見える建物が漁師さんが漁の途中で一時滞在する宿泊施設
海鳥も旅の途中で岩場に一時滞在

自然保護活動の傍ら、名産のさけやますの漁が行われ、遊覧船からは漁師さんが一時停留するための宿が海岸線に沿って点在していました。期間限定とはいえ、厳しい自然の中、人里離れた場所で暮らすのはさぞ孤独だろうなと、その生活を想像してみる。誇りと自然への畏敬を胸に、共生を実現させているんだな、と土地の人々に尊敬の念を抱きました。

硫黄岳の大噴火によってできた奇岩が並ぶ海岸線
知床岳や硫黄岳などから湧き出る岩清水や滝が続く

遥か古代、様々な民族同士の争いを経てアイヌ民族が生き残り、独特の文化が発展、そしてアイヌ民族と大和民族 が交流を始めたのは、鎌倉時代からだとその時代の古文書に書かれているそうです。

キャンプサイトに戻り遊覧船での紹介アナウンスで知った知床を復習してみる。ここには臆せずシカたちが草を食みに来るし、キタキツネも姿を見せてくれました。そして家族でキャンプする風景もあちこちに。

人間好き?それともキャンパーのおこぼれ目当て?

子どもたちが自然の中でのサバイバルを父や母に教えてもらっている。なんとかテントを一人でしまえるようになって誇らしげに微笑む少女の様子をぼんやり見ていると、手付かずの大自然にはやっぱり子どもが似合うな、と。何か共通の、本物の美しさを感じます。子どもたちが生まれ持つ豊かな感性と素直さ、たくましさが、大自然の憧れを胸に秘めた気高さにも見えます。何か原始的な美しさに感動するたび、心に思うのは子どもたちのこと、知床の大自然の中でも改めて確認した今日いちにちでした。締めくくりは最高の夕日。