〜大人と子どもの争い〜

子どもが一人で活動できるようになると始まるのが大人と子どもの争いとモンテッソーリは言います。それまでは五感で生活を味わっていた小さくて柔らかい癒しの存在、安心してかわいがっていたのに・・・。

「触っちゃダメ!」「危ない!」「なん度言ったらわかるの?」懐かしいなあ。今でも孫が来ると同じようなことを言っているような気がします。せっかくばあばの家に遊びに来てくれたのに・・。

子どもがしゃがみこんで何かしています。モンテッソーリが近寄って見ると、そこにマンホールのふたがあって、その子はそのマンホールのふたのでこぼこをしきりに触っています。医者である彼女は手のひらと大脳とが発生学的に同じ胚葉からできていることを知っており、子どもがデコボコを感じていることは同時に大脳にも刺激が与えられていることがわかっていました。感心してみていたのもつかの間、お母さんが「汚い!」といって乱暴に子どもの手をとって汚れを払い手をひっぱってさっさと歩き始めました。

子どもの行動をなじり否定して自分のペースで引っ張っていく大人の身勝手さにモンテッソーリはさぞがっかりしたことでしょう。このような光景は日常よく見られます。自分に置き換えてみても、忙しいのにゆっくりと付き合っていられない場合がほとんどでした。子どもがもっとやりたい、感じたい、動きたいと懸命に抗議しても子どもの世界を知ろうともせず、まるで力づくで支配していたかのようです。夢中になって感じながら大切なことをじっくり学び取っていたに違いないのに・・。

大人がそんな子どもの活動をただのわがまま、未熟な意味のないこと、不従順な困った行動と取り続け、やがて暴君となれば子どもにとって精神的苦痛の原因になってしまいます。「幼い時に心を踏みにじられた人は大きくなった時必ず復讐します」とモンテッソーリは言っています。「大人が押しのけて子どもの意思を拒否し、自分の気の済むようにした時、それは子どものこころを押しのけていたのだ」と。

今目の前で夢中になってやっているのは何を学ぼうとしているのかな・・。

幼児の一見意味のないこと、と思えることには、自然の法則を学ぶという大きな意味がありそうです。イライラを抑えてまず深呼吸、そして科学的に考えてみる必要があるようです。子どもの立場になってみる、子どもの宇宙を観察してみる、という感じ。体全体でいろんな事象の仕組みを学習していると捉えれば、それをしやすくなるように環境を整えてやる工夫もまた楽しくなるかもしれません。時々遊びに来る孫たちと今度は何をしよう。しかし、こちらがお膳立てするまでもなく、不思議と思ったりやってみたいと思ったりしたことに自ら挑戦する彼らです。生活にある身の回りのものすべてが興味の対象。どこまで彼らが自ら学ぶ環境を作ってあげられるか・・・楽しみです。おばあちゃんと孫の争いに決してならないように!

モンテッソーリ教育に興味を持たれたら是非読んでいただきたい一冊を紹介します。マンホールのエピソードはこちらから引用しています。

モンテッソーリの幼児教育「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」相良敦子 講談社

子どもをどう観察してどのように寄り添えばいいのか、具体的な工夫の仕方などが詳しく書かれています。

〜モンテッソーリの発見〜

将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井四段が、東京新聞主催王位戦予選初勝利を飾りました。

藤井四段の集中力について以前取り上げた時、彼の受けたモンテッソーリ教育について触れましたが、改めてモンテッソーリ教育について書いていきたいと思います。

モンテッソーリの発見・・とは「自分一人でできるように手伝ってください!」と叫んでいる子どもの事実です。そこに着目してこの教育法は生み出されました。

「自分で!自分で!」「僕がやる!」「「私がする!」という子どもの声は誰もが聞いている言葉。うるさいな、と自分でやろうとする子どもの手を振り払って「あっち行ってなさい」「危ないから触っちゃダメ」「あなたには無理!」などと言って子どもを諦めさせるのが”邪魔者”を振り払う大人の常套手段。大きな声や手早い仕草で子どもの心を行動を一蹴してしまいます。子どもは大人に対して常に弱い立場にいます。特に幼児期はその弱い立場に甘んじて大人に頼らなければ生きていけないから、大人のどんな勝手な言葉にも屈せざるをえません。大人はそこにいるだけで子どもにとって脅威、という言葉を子育て中に母からよく聞かされていました。母にも反省があったのでしょうか。大人には我が子が幼児の時期ほど勝手に権威を振るい、弱くて素直な子供の前でいつの間にか自分の思い通りに支配するようになりがちです。子供のためにこれだけしてやっている・・という傲慢が言い訳となっています。それがかえって子どもの意欲を削いでしまっていることに気づかなくてはなりません。私も子どもたちが小さい頃、「また仕事が増えるな」と思いながら、モンテの言葉を思い出し工夫していたのを覚えています。

子どもは大人の支配よりはるかに強い自然の力に支配されている、とモンテッソーリは言います。大人は子どもが自分で成し遂げねばならない宿題を自然からもらっていることを見極め、それに立ち向かっていくのを助けなければならないと。

モンテッソーリは、さらにこう言っています。

「服を着せたり顔を洗ってやったりすることは奴隷のすることです。子どもが自分の心と体を自分で使って、その時期に成し遂げなくてはならない課題に取り組めるよう、大人は励まし続けることです。大人がしてやるのではなくて、子どもに自分でさせるのです」

ではそのために大人は子どものためにどうすればいいのでしょうか。それは一人でできるような環境を整えてやるということです。世の中はすべて大人サイズにできていて大人の都合に合わせた環境です。だからトラブルが起こります。子どもの興味のもつような身の回りのものを子どものために適切は形や大きさに整えてやること。子供を援助する心構えを持つことが前提にあれば工夫がかえって楽しくなるかもしれません。子どもをよく観察し何を感じているのか、何をしたいのか教えてもらうことです。

「私がやる!」という言葉には子どもの人格の尊厳があり自立への強い憧れがあります。モンテッソーリが着目したのは、普遍的な子どもの生命力です。時代が変わっても文化が発達しても変わらない子どもの生命力に畏敬の念を抱き、自らよく生きようとする命を助けるのが大人の仕事。なんという深い愛に満ちているのでしょう。

「モンテッソーリの発見」をもっと深く知りたい方へ

「モンテッソーリの発見 Maria Montessori Her Life and Work」     E.M.スタンディング著、クラウス・ルーメル監修

著者スタンディングは教育学者で、モンテッソーリに多大な影響を受け、モンテッソーリが他界するまでモンテッソーリ教育法の普及、発展に大きな功績を残しました。

”ゆいまーる”

息子による逆出前授業~その2~は助け合いの精神”ゆいまーる”。

沖縄の人は人を大切にするのが当たり前。どこの馬の骨ともわからない息子を迎え入れ、家族同然のように可愛がり、相談に乗り、世話をしてくれる里親さんのことを思えば大きく頷けます。これは支え合いの精神”ゆいまーる”が根底にあるから。

結(協働)が回る(順番)、というのが語源だそうですが、文字通り、困っている人に対し周りの人が団結して助け、また別の人が困ったときにはそのほかの人が団結して助ける、という支え合いの考え方です。結(ゆい)とは主に小さな集落や自治単位における共同作業の制度。一人で行うには多大な費用と労力、時間がかかる作業を、集落の住民総出で助け合い、協力し合う相互扶助の精神で成り立っている(ウィキペディアより)そうだ。決して孤立したり、まして孤独死など無縁でしょう。

都会を愛する人は人間関係の煩わしさがないことをその理由に挙げることがあります。東京で生まれ育った私は幼い頃、大人の監護の下に子ども会というのがあって、地区ごとに年少の子から小学校高学年までが徒党を組んで!?いろんな行事に参加したり6年生がリーダーになってお楽しみ会をしたりしたものです。いつの日かこの慣習も薄れていき、大人になる頃にはなんだか近所の子たち同士も大人たち同様、ヨソヨソしくなってしまった。そういう私も正直、気楽でいい、なんて思うように・・。東京の一世帯の平均人数は最下位の2,02人(【出典】平成27年国勢調査人口及び世帯数 東京都調べ )で、年々減少傾向にあります。少人数の家族だけでひとしれず困窮を抱えてしまうケースが多く、悲惨な事件に発展することも。隣の人の顔も知らない、いざという時に近くの人に助けを求めにくい・・そんな地域関係が希薄になっている東京こそ、”ゆいまーる”の考え方が必要なのかもしれません。都会の一極集中と孤立の矛盾は人間関係の希薄さ、共感の欠如から生まれるのではないでしょうか。

そんな中、次第に広がる「子ども食堂」は、人々が、食と居場所でつながることへの回帰、まさに”ゆいまーる”している!?のかもしれません。

ちなみにSHJ事務所がある東京都杉並区には「きずなサロン」、「まちカフェ」、「子ども食堂」が各地にできています。その数、6月現在で10か所。一人暮らしで孤立しがちな高齢者や孤食を強いられる子どもたちが地域や他人とつながることを目的に増え続けています。個々で運営していた食堂なども互いに連携をとるケースも出てきたこと、食材を善意の寄付で賄っていること、それはまさに”ゆいまーる”。

子ども食堂の多い滋賀県では、今年度は県がこの事業を支援するため1212万円を計上したそうだ。滋賀県の取り組みが素晴らしいのは確か。でもこの動きが当たり前に全国に広がることを願います。国民を飢えさせないのは国の務めであること、偉い人たちには基本に立ち返ってもらいたいなぁ。

話が少しそれたけど、人は一人では生きていけないという謙虚さに基づいた”ゆいまーる”の理念は、前へ前へ、もっともっとと欲しがるうちに心が乾いてしまいそうな現代人に、前だけでなくて自分のぐるりを見て!とたしなめてくれているように感じます。

 

実るほど、頭をたれる稲穂かな〜終戦記念日に寄せて〜

息子が閉寮期間を利用して沖縄久米島から帰京しました。4月から4か月間の”積もる話”を弾丸のように語るその様子から、離島留学させてよかったと、改めて感じます。学校で、地域の行事で、あらゆる場面での人々との交流、出来事がそのまま息子を成長させてくれていると確信したのがその理由です。

離島留学する生徒のために里親制度というのがあり、一人につき一家庭が学校行事や保護者会などに出席するなど、現地での親代わりとなってくれます。週末のたびに家庭のなかで家族の一員として自然体で扱ってくれます。里親さんとの交流のなかで沖縄の人々の生き方を肌で感じているようです。多様な価値観や人生観を知ることが留学の目的だったこともあり、この点では”はなまる”がつくほど希望が叶ったわけです。

8/15は終戦記念日。実際は8/14にポツダム宣言を受諾し、玉音放送が行われた72年前の今日を終戦の日としていますが、その年3月、追い詰められて唯一の本土決戦と言われる地上戦に突入。6月まで続き、数10万人の犠牲者を出しました。戦後の日本からの分割統治や、返還後の米軍基地の残留、現在に至ってもなお、いえ、さらにその影が強くなっていると言えます。

そんな何代にもわたる、長年の苦労に基づく反骨の精神を土台とした沖縄の人の生き方を、里親さん家庭でたくさん感じて、心から尊敬している様子。転んでも踏みにじられても立ち上がり、たくましく生きてきた沖縄の人の強さと優しさ。強く印象づけたのが、強さの内側にある彼らの謙虚さだと話す息子。私も何度も訪れてこの土地の人々の素晴らしさを知っていたからこそ、家族で選んだ沖縄留学。

”実るほど、頭をたれる稲穂かな”

人間一人、どんなに出世したって所詮ちっぽけな存在であることを肝に銘じ、社会的に偉くなっても決しておごらない人間性。並大抵でない苦労を重ねたゆえのふところ深さに、頭が下がる思いです。

本物の強さとは・・・? 

経験から学び続ける息子による逆出前授業レポート~その1~は、お世話になっている里親家庭に感謝と敬意を込めて作成しました。

認定NPO法人への寄付に関する税優遇措置について

認定NPO法人への寄付は税控除の対象になります。

認定NPO法人への寄付は、税の優遇措置を受けることができます。個人の方は、確定申告をすることで特別控除を受けることができます。支払った年分の所得控除として寄附金控除の適用を受けるか、又は所定の算式で計算した金額について税額控除の適用を受けるか、いずれか有利な方を選択することができます。また、法人の方は一定の限度額までを法人税法上の損金に算入できます(特別損金算入)。

以下、この制度の仕組みと利用方法をまとめました。

********************************************************************************

認定期間中にスマイリングホスピタルジャパンへご寄附いただいた場合、個人・法人を問わず税の優遇措置が受けられます。当団体のサポート会員へは、当会から運営のご報告をしていますが、運営への参加など直接的反対給付をしておりませんので、サポート会員会費も税務上寄附金となり、控除の対象となります。それぞれの優遇措置の利用にはSHJが発行する領収証が必要となります。ご寄付いただいた方々への領収証は(その都度or年に1回)郵送にてお届けいたしますので、紛失等されないようご注意ください。※やむを得ない理由を除き、領収証の再発行は承りかねます。

 <認定期間>平成29年7月27日 ~ 平成34年7月26日 *5年ごとに更新の申請をします。 

税控除のしくみ

🔳 個人がご寄付された場合

主に所得税個人住民税、相続税に関して、税制上の優遇措置を受けることができます。 

  • 所得税に関する控除

 次の「A.所得控除」、「B.税額控除」のいずれか有利な方法を選ぶことができます。確定申告の際にSHJが発行する領収証を添付してください。以下の「寄付金の合計額」には、他の認定NPO法人や公益法人など寄付金控除対象となる法人への寄付金も合計して判定します。

  • 個人住民税に関する控除

自治体によってはその制度がありません。詳しくは、お住まいの地域の自治体にお問い合わせ下さい。確定 申告の際にSHJが発行する領収証を添付してください。

🔳法人がご寄付された場合

認定NPO法人へのご寄付は、一般の損金算入限度額とは別枠で損金算入ができます。確定申告でSHJが発行する領収証を添付し、事業年度に支出した寄付金のリストを提出すると、損金算入分は法人税、地方税が課税されません。

🔳相続や遺贈によりご寄付された場合

認定NPO法人へのご寄付は、相続税の課税から除外されます。相続や遺贈により財産を取得した方が認定NPO法人へご寄付された場合、相続税の申告時にSHJが発行する領収証を添付し、申告書に必要事項を記入すると、寄付金分は相続税が課税されません。

◼制度の概要については下記をご参照ください。

認定NPOに関する詳しい情報は、下記をご参照ください。

内閣府NPOホームページ

東京都NPOポータルサイト

参考:東京都のHPで公開されている認定NPO法人リストはこちらからご確認いただけます。

http://www.npo.metro.tokyo.jp/

スマイリングホスピタルジャパンへの連絡先:

✔ サポート会員ご入会、ご寄付の方法については、こちら

✔ お問い合わせはこちら

 

認定NPO法人スマイリングホスピタルジャパン

E-mail:info@smilinghpj.org Official Website:  www.smilinghpj.org

〒168-0072 杉並区高井戸東三丁目3番15-308号 

TEL/FAX:03-4296-5691